病歴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

病歴(びょうれき)とは、診察を実施したり医療行為を提供するのに役立つ情報を得るために、医師、または医学に明るい患者や患者の周囲の人物が、患者に詳細な質問をすることによって得られる情報のことである。

概要[編集]

患者または患者に親しい人物から報告された訴えは、医学的に妥当であるときには症状として参考にされ、対称的に医師による直接的な調査によってつきとめられたものは臨床徴候とされる。多くの医学的徴候は患者の経歴からも判断される。

病歴は患者の深刻さや現場によって異なることがある。たとえば、救急車医療においては患者の名前、徴候の現れた時期、アレルギーなどの詳細な情報を得るのには限度がある。それとは対称的に、精神障害者の病歴は、精神病の治療を行うのに適切な多くの情報を得るために、長期間で詳細にわたる。

このようにして得られた情報は、医師が診察・治療の予定を組み立てることを可能にする。もしそうした予定が組めない場合でも、暫定的な診察・治療を実行しその記録を診療録に保存することで、他の可能性を探ることもできる(鑑別診察)。この場合、病気や障害などを治癒するために更なる調査や研究などが行われることもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]