疎グラフ符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

疎グラフ符号(そぐらふふごう、Sparse graph code) は、疎グラフで表現される符号のことである。

任意の線形符号グラフとして表現され、送信されたビット列を表現するセットと送信されたビット列が満たさなければならない制約を表現する別のセットの2つの節のセットを有する。 最新段階の正統的な誤り訂正符号は疎グラフを基にしており、シャノン限界に迫ることが成し遂げられている。 典型的な疎グラフ符号にはGallager低密度パリティ検査符号がある。

外部リンク[編集]