異方性媒質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

異方性媒質(いほうせいばいしつ)とは、結晶分子イオンの空間分布が方向に依存する物質のことである。

物性[編集]

異方性媒質はその結晶を構成する分子イオンの空間配置が方向に依存するために、誘電率(または電気感受率)、透磁率電気伝導率(または電気抵抗率)などの物性値が方向に依存する。 3次元結晶の場合、ある2次元面内では等方的であるような異方性媒質のことを1軸性結晶・単軸結晶などと呼び、どの面内でも等方的でない異方性媒質を2軸性結晶・双軸結晶と呼ぶ。

関連項目[編集]