異文化経営学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

異文化経営学会(いぶんかけいえいがっかい、英文名 Transcultural Management Society、 略称 TMS)は、様々な国籍や言語や文化的背景の人々が織り成す「異文化経営」の事例研究を系統的に行い、得られた知識や知恵を、後世に継承する学会[1]

事業[編集]

  • 研究会・講演会の開催、定期刊行物・報告書・図書の出版・刊行、日本国内および外国の研究者との相互交流など[1]

5周年記念出版物[編集]

  • 馬越恵美子[2]、桑名義晴[3]、異文化経営学会 『異文化経営の世界 - その理論と実践』 白桃書房 2010年[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 設立趣旨、会則
  2. ^ 桜美林大学経済経営政策学部教授、筑波大学客員教授、異文化経営学会会長、東京都労働委員会公益委員
  3. ^ 桜美林大学大学院経営学研究科教授、早稲田大学大学院商学研究科非常勤講師、異文化経営学会理事、国際ビジネス研究学会常任理事
  4. ^ 異文化経営学会5周年記念の書『異文化経営の世界』のご案内 (グローバル経営に関心のある先生・ビジネスパーソン、ゼミの教科書・参考書や企業の研修などに)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]