畠山重篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

畠山 重篤(はたけやま しげあつ、1943年10月7日[1] - )は、日本の養殖漁業家、エッセイスト京都大学フィールド科学教育センター社会連携教授。「牡蠣の森を慕う会(現「特定非営利活動法人森は海の恋人」)」代表。

経歴[編集]

中国上海に生まれ、終戦後、父の実家がある宮城県唐桑町へ移住。宮城県気仙沼水産高等学校卒業後、牡蠣帆立の養殖に従事する。漁業において上流山間部の森林が果たす役割の大きさに着目し、家業のかたわら、気仙沼湾に注ぐ大川上流の室根山(現在は矢越山)への植樹運動を続ける。その活動は歌人熊谷龍子短歌の一節から「森は海の恋人運動」と名付けられ、小中学校の教科書にも掲載されている。

受賞[編集]

著書[編集]

  • 『森は海の恋人』北斗出版 1994 のち文春文庫
  • 『漁師が山に木を植える理由』松永勝彦共著 成星出版 1999
  • 『リアスの海辺から』文藝春秋 1999 のち文庫
  • 『漁師さんの森づくり 森は海の恋人』講談社 2000
  • 『日本〈汽水〉紀行 「森は海の恋人」の世界を尋ねて』文藝春秋 2003 のち文庫 
  • 『カキじいさんとしげぼう』講談社 2005
  • 『牡蠣礼讃』文春新書)2006
  • 『鉄が地球温暖化を防ぐ』文藝春秋 2008 『鉄で海がよみがえる』文春文庫
  • 『森・川・海つながるいのち』童心社(守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)2011 
  • 『鉄は魔法つかい 命と地球をはぐくむ「鉄」物語』絵:スギヤマカナヨ 小学館 2011
  • 『牡蠣とトランク』ワック 2015

参考[編集]

  • 著書に記された紹介文

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.271
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]

外部リンク[編集]