畠山基国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
畠山基国
Motkuni hatakeyama.jpg
『本朝百将伝』より
時代 南北朝時代 - 室町時代
生誕 正平7年/文和元年(1352年
死没 応永13年1月17日1406年2月5日
別名 三郎(通称)
戒名 長禅寺殿春岩徳元
官位 右兵衛督従四位下
幕府 室町幕府侍所頭人、管領越前越中能登河内山城紀伊守護
主君 足利義詮義満
氏族 畠山氏
父母 父:畠山義深
満家満慶

畠山 基国(はたけやま もとくに)は、南北朝時代から室町時代武将守護大名。家系は足利氏一門の畠山氏畠山義深の嫡男。子に満家満慶がいる。「基」の字は初代鎌倉公方足利基氏より偏諱の授与を受けたものとされている[1]が、活動としては基氏の兄・義詮から続く足利将軍家に仕えて、室町幕府侍所頭人、第6代管領越前越中能登河内山城紀伊守護を歴任した。

生涯[編集]

天授2年/永和2年(1376年)に侍所頭人に就任、天授5年/康暦元年(1379年)に父が死去したため越前守護を継承したが、同年の康暦の政変で管領となった斯波義将と越中を交換、越中守護に代わった。また、能登は当初は吉見氏頼吉見氏)、次いで本庄宗成が守護職であったが、いずれも失脚したため元中8年/明徳2年(1391年)に基国が守護となり、以後畠山氏の分国となった。

弘和2年/永徳2年(1382年)に楠木正儀追討を命じられ、正儀に代わって河内守護に就任、畠山氏の河内経営の拠点となる若江城を築城した。 明徳3年(1392年)1月、楠木正勝の守備する千早城は落城し、正勝らは大和国吉野十津川方面へと逃走した。楠木氏は60年以上続いた最も象徴的な根拠地を失ったのと同時に、畠山氏は名実共に河内国の支配者となった。 また、元中8年/明徳2年に山名氏が蜂起した明徳の乱では幕府方の一員として参陣、翌年から応永元年(1394年)まで侍所頭人に再任、山城守護も兼任した。応永5年(1398年)6月には斯波義将の後継として管領に任じられ、応永11年(1404年)7月までの6年間を務める。応永6年(1399年)に大内義弘が蜂起した応永の乱でも戦い、戦後義弘の領国だった紀伊も領有、摂津欠郡(東成郡西成郡住吉郡)と大和宇智郡の分郡守護にも補任された。

応永13年(1406年)1月17日、53歳で死去。嫡男の満家が当時失脚していたため、家督は次男の満慶が継いだ。法号は長禅寺殿春岩徳元。後に満慶は満家に家督を譲り能登一国を領有、子孫は分家として満家の系統の本家を支えていった。

基国は畠山氏で初めて管領となった人物であり、室町時代に畠山氏が三管領家となった事から、畠山氏の中興の祖と言われている。


偏諱を与えた人物[編集]

  • 遊佐 - 家臣・守護代(河内国・越中国)。法名、長護。基国・満家父子に臣従して活動。詳しくはこちらを参照。
  • 遊佐 - 国長の子か。満家の代に守護代を務める。
  • 吉見 - 吉見氏。前述の吉見氏頼の甥にあたる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 高屋城
  • 千早城
  • 辛国神社 - 大阪府藤井寺市にある神社。基国が河内守護として社領の寄進や社殿の造営を行った。

脚注[編集]

  1. ^ 伯父の畠山国清が基氏を補佐する立場の関東管領であり、おば(国清の妹)の清渓尼が基氏の妻であったことによる縁である。康安元年(1361年)11月の畠山国清の乱以後は父・義深とともに幕府に従った。


先代:
畠山義深
河内畠山氏
畠山基国
次代:
畠山満慶