留賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

留 賛(りゅう さん、183年 - 255年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将。正明揚州会稽郡長山県の人。子は留略留平。『三国志』呉書孫峻伝に注引く韋昭の呉書に伝記がある。

経歴[編集]

若い頃にの役人となり、黄巾賊の首領の呉桓を自ら討ち取ったが、負傷して足が不自由になった。激しい気性の持ち主で、兵法書や歴史書を読むことを好んだが、先人達の姿に気持ちが逸り、家族の反対を押し切って足の筋を切ることを決めた。激痛のあまり気絶したが、家族がその間に足を引き伸ばしたため、傷が癒えた後には、びっこは引いても歩けるようになった。

このことを聞いた凌統は、留賛を孫権に推薦した。留賛は官職に就き何度か戦功を挙げ、屯騎校尉となった。しかし孫権は、留賛が直言し主君の言に憚らないため、存在を煙たがっていたという。

252年、東関の役が勃発すると諸葛恪丁奉呂拠朱異らと共に、東興で胡遵諸葛誕を大いに破り、桓嘉韓綜らを斬った(東興の戦い)。この功績で左将軍となった。

留賛は部将として敵と戦う時、髪を振り乱して大きな叫び声を上げ、側に仕える者達と大声で歌を歌ってから戦った。そして、敵に必ず勝利したという。

255年、寿春毌丘倹の反乱に乗じて、孫峻の指揮下で魏に攻め入った。孫峻から節と左護軍を授けられての出陣であったが、陣中で病に倒れた。孫峻に輜重を率いて撤退することを命じられたが、帰還途中に諸葛誕の部将蒋班の追撃を受けた。この時、留賛は病気のため歌うことができないどころか、陣立てすら儘ならないほど重態であった。このため留賛は自分の敗北を悟り、身内の若者に将軍を示す曲蓋と印綬を与え、剣で脅し無理矢理逃亡させた。自らは敵の追撃で将軍の孫楞蒋脩らと共に戦死した(毌丘倹・文欽の乱)。73歳であった。人々はみな留賛の戦死を大いに悼み惜しんだという。