留県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国地名の変遷
建置 秦代
使用状況 唐代に廃止
留県
前漢留県
後漢留県
三国留県
西晋留県
東晋十六国留県
南北朝留県
廃止(北斉)
留県
廃止

留県(りゅう-けん)は中華人民共和国江蘇省にかつて存在した県。現在の徐州市沛県南東部に相当する。

秦朝により設置された。南北朝時代北斉により廃止されたが、隋代になると596年開皇16年)に再設置された。唐朝が成立すると間もなく廃止され、管轄区域は沛県に編入された。

参考文献[編集]

  • 二十四史』中華書局
  • 『復旦大学中国歴史地名大辞典』(復旦大学出版社)
  • 『中国古今地名対照表』(上海辞書出版社)