留守顕宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
留守顕宗
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正16年(1519年
死没 天正14年7月17日1586年8月31日
別名 藤五郎
戒名 光明院殿浄天清公大居士
官位 従五位下相模守
主君 伊達晴宗輝宗
氏族 留守氏
父母 父:留守景宗、母:留守郡宗
兄弟 顕宗佐藤景高大條宗家
正室:黒川治部大輔
側室:村岡常春
高城宗綱
養子:政景(伊達晴宗三男)
テンプレートを表示

留守 顕宗(るす あきむね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将留守氏17代当主。陸奥国宮城郡岩切城主。

生涯[編集]

永正16年(1519年)、留守氏16代当主・留守景宗の嫡男として誕生。

天文23年(1554年)、父の死去により家督を継いで当主となる。留守氏は天文の乱において伊達晴宗方の主力として戦ったが、顕宗は晴宗と対立し、弘治2年(1556年)に晴宗の支援を受けた留守氏一族・村岡常継の攻撃を受ける。この時は常継の妹を側室に迎えて講和を成立させたが、以後も晴宗からの圧迫は止まず、これに同調した留守氏家臣団の一部[1]の圧力を受け、永禄10年(1567年)には晴宗の三男・政景に家督を譲ることを強いられた。その際に常継の妹との間に生まれた実子・宗綱神楯城主・高城周防守の養子として送り出され、顕宗は南宮館に隠退した。

天正14年(1586年)7月17日死去。享年68。

系譜[編集]

  • 正室:黒川治部大輔の娘
  • 側室:村岡常春の娘
                       ┏村岡常継
                 村岡常春━━┫
                       ┗━女子
     ┏留守郡宗━━━━━━━━━女子    ┣━━━━高城宗綱
伊達持宗━┫             ┣━━━━留守顕宗
     ┃           ┏留守景宗
     ┗伊達成宗━━伊達尚宗━┫
                 ┗伊達稙宗━━伊達晴宗━━留守政景

脚注[編集]

  1. ^ 祖父・郡宗や父・景宗に随行してきた伊達家臣及び吉田氏花淵氏ら外様衆。

出典[編集]

  • 『水沢市史』2 中世(岩手県水沢市、1976)
  • 『利府町史』(宮城県宮城郡利府町、1986)