畑田重夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

畑田 重夫(はただ しげお、1923年9月5日 - )は、日本国際政治学者政治評論家平和運動家平和・民主・革新の日本をめざす全国の会代表世話人。1980年代から1990年代にかけて東京都知事選挙に出馬したことでも知られる。

来歴[編集]

京都府生まれ。東京帝国大学卒業。帝大在学中20歳で学徒出陣となるが、その際学友の乗っていたが撃沈され全員が死亡した[1]。1945年9月に東京大学法学部に復学、大学卒業後、内務省を経て1962年まで名古屋大学助教授を務め、以後は労働者教育協会会長勤労者通信大学学長などを歴任。

1987年1991年の各東京都知事選挙無所属日本共産党推薦)で出馬するも落選。1987年には都政問題研究所を立ち上げ所長となる。現在平和及び労働運動に関する講演を全国各地で行っている。『しんぶん赤旗』紙上にてエッセイ憲法と生きる」を連載中。

人物[編集]

シベリア抑留について「強制労働という言葉を使う人がいますが、働いてノルマをさえはたせば食糧を配給してくれるというのが実態であり、それを日本にいた当時は、土方のような仕事をしていた人や、失業者であった人たちは、『ソ連という国は天国だよ。働きさえすればちゃんと食えるんだから』といいますし、仕事もしないで親のスネをかじっていたオ坊ッちゃんめいた人は『強制労働をやらせやがった』という表現をとるのです。」と発言した[2]

主著[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『現代朝鮮論』(勁草書房、1966年)藤島宇内との共著
  • 『日本の未来と安保』(学習の友社、1967年)北田寛二との共著
  • 『朝鮮問題と日本』(新日本出版社、1968年)川越敬三との共著
  • 『70年闘争とアジアの未来』(新日本出版社、1969年)川端治唐沢敬との共著
  • 『国際勝共連合 - その「理論」と危険なねらい』(学習の友社、1979年1月山科三郎との共著
  • 『日本の防衛 - 青年をねらう80年代安保』(学習の友社、1980年6月)熊倉啓安との共著

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第二陣派兵 “イラクから戻ってこい” 平和委員会 防衛庁前で唱和しんぶん赤旗2004年3月14日
  2. ^ 『共産主義のはなし』(日本青年出版社、1968年)