畑怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

畑怨霊(はたおんりょう)はにまつわる日本妖怪斎藤守弘水木しげる佐藤有文などの著書に記述がみられる。

概要[編集]

農作物の凶作によって餓死した人々を葬式も出さずに放置しておくと、その人たちの怨霊がこの畑怨霊と呼ばれる妖怪になる[1]。また、畑怨霊は生きている人間をたたる[2]ともされる。屋外環境に出るのが最大の特徴[3]

佐藤有文の著書では畑の土の中にひそんでいて作物を枯らす妖怪で塩が弱点[4]と解説されることが多いが、作物を奪われた死んだ者の亡霊がなった妖怪で、作物どろぼうをする者の足から血を吸い尽くす[5]と解説されることもある。佐藤有文『日本妖怪図鑑』(1972年)では富山県の妖怪が列記されたなかに名前のみが挙げられている[6]

昭和中期以降の妖怪図鑑などで紹介されるようになった妖怪であるが、具体的な特徴や採集地域の言及がない場合がある。佐藤有文の解説でも富山県の妖怪であることを伴った解説文自体は見られず、『日本妖怪図鑑』(「日本妖怪地図」)での富山県への記入[6]が何に拠ったのかは不詳である。実際、「はたおんりょう」についての情報は、当時出版されていた民間伝承についての資料には見えず、解説文中に情報源なども明記されていないため、SF作家の山本弘が会長を務めると学会などは、伝えられてきた妖怪ではなく創作された妖怪のひとつであろう[7]と指摘している。水木しげる作者説[8]もあるが例証に欠ける。斎藤守弘は作物に死んだ人間の髪の毛が乗り移ったもので見た目は全身トゲのある葉で覆われ、大きな首を手で支えて歩き[注 1]、人を見つけるとツタのように絡みついて血を吸い取るとしているが一次出典は不明[9]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 添えられたイラストにはろくろ首のように首が手前に伸びて手で支えている[9]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 水木しげる『図説 日本妖怪大全』講談社講談社+α文庫〉、1994年(原著1991年)、370-371頁。ISBN 978-4-06-256049-8
  2. ^ 多田克己『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、209頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  3. ^ 斎藤守弘 『恐怖! 幽霊スリラー』 学習研究社 1974年 143頁
  4. ^ 佐藤有文 『お化けの図鑑』 KKベストセラーズ 1978年 188頁
  5. ^ 佐藤有文 『妖怪大図鑑』 小学館 1987年 220頁 ISBN 4-09-259012-1
  6. ^ a b 佐藤有文『日本妖怪大図鑑』立風書房〈ジャガーバックス〉、1972年、197頁。全国書誌番号:45006658
  7. ^ と学会『トンデモ本の世界U』楽工社、2007年、228-229頁。ISBN 978-4-903063-14-0
  8. ^ 妖怪王グループ『昭和の子供 懐しの妖怪図鑑』アートブック本の森〈コスモブックス〉、2003年、97頁。ISBN 978-4-7747-0635-1
  9. ^ a b 斎藤守弘「ワイド特集 世界のおばけ勢ぞろい」『別冊少年キング1967年9月号』少年画報社、1967年、170頁。

関連項目[編集]