畑中純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畑中純
本名 畑中 純
生誕 1950年3月20日
日本の旗 日本福岡県小倉市
(現:福岡県北九州市
死没 (2012-06-13) 2012年6月13日(満62歳没)
日本の旗 日本東京都調布市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家版画家
活動期間 1977年 - 2012年
ジャンル 青年漫画
代表作 まんだら屋の良太
『百八の恋』
『玄界遊侠伝・三郎丸』
受賞 第10回日本漫画家協会賞優秀賞
まんだら屋の良太
公式サイト http://www.junhatanaka.net/
テンプレートを表示

畑中 純(はたなか じゅん、1950年3月20日 - 2012年6月13日)は、日本漫画家。男性。福岡県小倉市(現:北九州市)出身。漫画家としてだけでなく、版画家としても活動した。

経歴[編集]

16歳の時に漫画家を志すようになり、福岡県立小倉南高等学校卒業後、1968年に上京し、東京デザインカレッジ・マンガ科に在籍。肉体労働をしながら、1コマ漫画を描き始める。1974年に1コマ漫画集『それでも僕らは走っている』を自費出版[1]1977年月夜』でデビュー[1]1979年から『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)にて10年近く続いた連載『まんだら屋の良太』(第10回(1981年度)日本漫画家協会賞受賞)で知られるようになる。本作は2006年、フランスで『RYOUTA DU MANDALA』として翻訳刊行された[2]。2007年より、東京工芸大学芸術学部マンガ学科教授をつとめた。

2012年6月13日、腹部大動脈瘤破裂のために死去[3][4]。62歳没。

作風[編集]

独特の絵柄とともに、暴力性・エログロナンセンス・幻想性などを、力強い庶民性で健康的なユーモアへと異化させる、個性的な作風を持つ[5]。版画を用いた表紙を描くことが多い。

デビュー前に志向していた1コマ漫画は、トミー・ウンゲラー久里洋二の影響を受けていたものであったが、デビュー以後にストーリー漫画を描くようになってからは、つげ義春山上たつひこの影響を受けるようになる[5]

主な漫画作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ━畑中純「まんだら屋の良太」 - 『梁塵秘抄』 または ”わしふぃーるど” - 楽天ブログ(Blog)
  2. ^ 畑中純 公式ホームページ まんだら屋[1]
  3. ^ 訃報:畑中純さん62歳=漫画家[リンク切れ] 毎日新聞 2012年6月13日閲覧
  4. ^ 朝日新聞デジタル:漫画家・畑中純さん死去 「まんだら屋の良太」 - おくやみ・訃報”. 2013年2月10日閲覧。
  5. ^ a b 『ニッポン漫画家名鑑』 267頁。

参考文献[編集]