町野朔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

町野 朔(まちの さく/はじめ、1943年9月17日 - )は、日本の刑法学者上智大学名誉教授

人物[編集]

東京大学では平野龍一の指導を受ける。日本における人クローン規制立法などにおいて中心的な役割を担う。

略歴[編集]

  • 1962年 東京都立井草高等学校卒業
  • 1962年 東京大学教養学部文科三類入学
  • 1966年 東京大学法学部卒業
  • 1966年 東京大学法学部助手
  • 1966年 司法試験第二次試験合格
  • 1969年 上智大学法学部法律学科専任講師
  • 1970年 上智大学法学部法律学科助教授
  • 1971年 ノートル・ダムロー・スクール特別研究生(~1973年)
  • 1980年 上智大学法学部法律学科教授
  • 1990年 上智大学法学部法律学科長
  • 1997年 上智大学法学部長( - 1998年)
  • 2000年 日本学術会議会員
  • 2003年 上智大学大学院法学研究科法曹養成専攻教授( - 2011年)
  • 2004年 上智大学社会正義研究所長( - 2005年)
  • 2005年 上智大学大学院法学研究科委員長( - 2007年)
  • 2005年 放送大学客員教授( - 2008年)
  • 2011年 上智大学生命倫理研究所教授
  • 2014年 上智大学定年退職、上智大学名誉教授[1]

受賞[編集]

  • 日本刑法学会賞、1971年

主要著書[編集]

  • 『児童虐待と児童保護』(上智大学出版、2012年)
  • 『児童虐待の防止 : 児童と家庭,児童相談所と家庭裁判所』(有斐閣、2012年)
  • 『移植医療のこれから』(信山社、2011年)
  • 『プレップ刑法』(弘文堂、2004年)
  • 『刑法(2)各論』(有斐閣、2003年)
  • 『刑法(1)総論』(有斐閣、2003年)
  • 『安楽死・尊厳死・末期医療』(信山社出版、1997年)
  • 『犯罪各論の現在(いま)』(有斐閣、1996年)
  • 『刑法総論講義案(1)』(信山社出版、1996年)
  • 『犯罪論の展開1』(有斐閣、1989年)
  • 『患者の自己決定権と法』(東京大学出版会、1986年)

門下生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 江藤淳一「町野朔先生と村瀬信也先生を送る」上智法學論集第57巻第4号

外部リンク[編集]