町田宗鳳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

町田 宗鳳(まちだ そうほう、1950年-)は、日本宗教学者都留文科大学特任教授。天台宗僧侶広島大学名誉教授。専攻は、比較宗教学、比較文明論。

来歴・人物[編集]

京都府京都市出身。14歳の時に出家し、大徳寺にて修行に励む。34歳の時に大徳寺を離れ渡米し、ハーバード大学神学部で神学修士号、ペンシルバニア大学東洋学部で博士号をそれぞれ取得。シンガポール国立大学大学助教授、プリンストン大学准教授、東京外国語大学教授を経て、広島大学大学院総合科学研究科教授、国際教養大学客員教授、早稲田大学国際言語文化研究所招聘研究員、広島大学環境平和学プロジェクト研究センター所長、広島大学平和科学研究所兼任研究員を歴任し、2016年3月で定年退任し。名誉教授。日本宗教学会評議員。

学問的活動以外に、「風の集い」「ありがとう断食セミナー」「そうほう塾」などを開き、「ありがとう禅」というセラピー的効果のある瞑想法の普及に努めている。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『エロスの国・熊野』(法蔵館、1996年)
  • 『法然―世紀末の革命者』(法蔵館、1997年)
  • 『法然対明恵鎌倉仏教の宗教対決』(講談社選書メチエ、1998年)
  • 『〈狂い〉と信仰―狂わなければ救われない』(PHP新書、1999年)
  • 『縄文からアイヌへ―感覚的叡知の系譜』(せりか書房、2000年)
  • 『文明の衝突を生きる―グローバリズムへの警鐘』(法蔵館、2000年)
  • 『「野性」の哲学―生きぬく力を取り戻す』(ちくま新書、2001年)
  • 『山の霊力-日本人はそこに何を見たか-』(講談社選書メチエ、2003年)
  • 『なぜ宗教は平和を妨げるのか―「正義」「大義」の名の下で』(講談社+α新書、2004年)
  • 『身軽にいきましょうや―中年からのスピリチュアル・ライフ』(説話社、2004年)
  • 『ドクター・マッチーのI LOVE ME―もっと自分を愛してあげて』(ハート出版、2004年)
  • 『前衛仏教論―〈いのち〉の宗教への』(ちくま新書、2004年)
  • 『「グレート・スピリット」の教え―先住民族に伝わる賢者たちの言葉』(佼成出版社、2005年)
  • 『人類は「宗教」に勝てるか―一神教文明の終焉』(NHKブックス、2007年)
  • 『愚者の知恵-トルストイ「イワンの馬鹿」という生き方』(講談社+α新書、2008年)
  • 『教育は壮大な実験である―“いのち”に向き合う』(金子書房、2009年)
  • 『法然の涙』(講談社、2010年)※小説
  • 『法然・愚に還る喜び―死を超えて生きる』(NHKブックス、2010年)
  • 『あなたを救う「法然」のことば』(角川文庫、2011年)
  • 『ニッポンの底力』(講談社+α新書、2011年)
  • 『異端力――規格外の人物が時代をひらく』(祥伝社新書、2012年)
  • 『人の運は「少食」にあり-「プチ断食」がカラダとココロに効く理由』(講談社+α新書、2013年)
  • 『光りの海―死者のゆくえ』(法藏館、2014年)
  • 『森女と一休』(講談社、2014年)
  • 『こころと体が軽くなる「ありがとう禅」』(角川学芸出版、2015年)
  • 『死者は生きている: 「見えざるもの」と私たちの幸福』(筑摩書房、2016年)
  • 『「ありがとう禅」が世界を変える』(春秋社、2018年)
  • 『山の霊力』(山と溪谷社、2018年)

共著[編集]

  • 『宗教 (21世紀へのキーワード インターネット哲学アゴラ 1)』(中村雄二郎との共著・岩波書店、1998年)
  • 『「生きる力」としての仏教』(上田紀行との共著・PHP新書、2006年)
  • 『観音の光に包まれて』(大原弘盟との共著・春秋社、2008年)
  • 『法然の「ゆるし」 とんぼの本 仏教入門』(梅原猛との共著・新潮社、2011年)
  • 『「ありがとうを言う」と超健康になる』(森美智代との共著・マキノ出版、2011年)
  • 『無意識との対話 身心を見つめなおす こころをよむ』(日本放送協会共編・NHK出版、2017年6月)。放送テキスト

外部リンク[編集]