町村家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
町村家
家紋
家祖 町村次郎兵衛(8代目[1]
出身地 越前国
著名な人物 町村金弥
町村敬貴
支流、分家 町村金五家
凡例 / Category:日本の氏族

町村家(まちむらけ)は、まちむら農場の創業者一族。実業界のみならず政界学界にも人材を輩出している。

起源[編集]

町村家は、越前藩の支藩・府中(現・福井県越前市本多家に仕える武士の家系だった[2]。町村家9代目当主・町村織之丞は長男の金弥を12歳で上京させ、金弥は奉公しながら夜学に通い、札幌農学校に進学[2]。卒業後、牧場勤務を経て自ら牧場・農場経営に乗り出し、北海道酪農の嚆矢となった[2]

町村家の過去帳にある最古の戒名は、「無門院大道善翁居士」で、没年は元和6年(1620年)「町村家の先祖」と記されている。天保7年(1836年)の本多家の給帳によると、180人の内、席次27番目に「町村次郎兵衛」の名があり、10人扶持の禄を受けていた。その嫡男惣助(後の織之丞)は、席次69番目、10俵で御近習を務めていた。また、天保年間(1830年代)や安政年間(1850年代)の史料によると、もっぱら御目付をつとめていたとされ、本多家においては、中級の武士として遇されていた(『町村金五伝』 424-438頁)。

町村信孝著 『保守の論理 「凛として美しい日本」をつくる』 139頁によれば、「私の家は、江戸時代越前府中(現在の福井県武生市)の奉行職を務めておりました。府中は福井藩の領地でしたが独立性が高かった。…(中略)その越前府中の奉行職第九代目が、私の曾祖父町村織之丞(まちむらおりのじょう)という人なのですが、この人までが武士で、その息子(私の祖父)の町村金弥になると、もう武士ではなくなります。明治維新です。幕末にまさか武士というものがなくなると予想していた人たちがいたでしょうか。武士は遠く平安時代の末期に発生したと言われていますが、永らく日本の歴史の推進役でありました。その主役がいきなり消滅したことの衝撃は大きかった。ましてや武士として生まれ育ち、武士であることを誇りに思っていた曾祖父の失望は、いかばかりであったか、想像に難くありません。それが国家単位で起きたのですから、とんでもない構造改革です。まさに革命的な事態でありました。」という。

町村金弥とその子孫[編集]

金弥は2度結婚しており、先妻・後妻ともに山本怡仙の娘である。

金弥は5男5女がおり、長女・ことは山口県出身の教育者・林端に、次女・せんは広島県出身の士族で教育者の岡本半次郎にそれぞれ嫁いだ。金弥の5人の娘のうち2人が教育者の妻となっている。また、三女・幸子は下川美佐雄に、四女・春子は福井県出身の元早稲田大学教授・小林新に嫁いだ。また金弥の次男・誠は貿易業を営んだ。

だが町村家の家系形成で大きな役割を果たしたのは金弥の長男・敬貴と五男・金五である。町村家は牧場経営と政治という2本の太い柱によって家系が形成されていくが[3]、敬貴の家系が牧場経営を引き継ぎ、金五の家系が政治家家系としての町村家を引き継いだからである。

町村敬貴家[編集]

敬貴は渡辺仙太郎の長女・志津と結婚し4男3女をもうけた[4]。次男・泰男は元小松製作所常務[5]法学者町村泰貴は泰男の子である。三男・鉄雄住友銀行(現・三井住友銀行)専務を経て住銀リース(現・三井住友ファイナンス&リース)社長・会長を歴任[5]。四男・俊郎は医師

一方、敬貴・志津夫妻の3人の娘のうち、長女・婦美子は陸軍軍人岩倉久米雄の子で元総理府総務副長官の岩倉規夫に嫁いだ[5]。次女・光子は警察官僚政治家警視総監参議院議長等を歴任した原文兵衛に嫁いだ[6]。政治家の中川雅治は原文兵衛・光子夫妻の娘婿である[5]

敬貴・志津夫妻の4人の息子のうち牧場を継ぐ者がいなかったので、三女・寿美子に婿養子・末吉を迎えた[4]末吉・寿美子夫妻は3男1女をもうけたが、長男・敬志社会学者となり、次男・謙が早世したため、三男・[要出典]均が末吉の跡を継ぎ、まちむら農場の代表となった[7]

町村金五家[編集]

金五は法学者・桑田熊蔵の娘・二葉と結婚し2男4女をもうけた[8]。長女・富士江は元日本電気硝子会長・遠山景敏に、次女・ひろ子は内務官僚で総理府総務副長官を務めた秋山進に嫁いだ。行政法学者小早川光郎は秋山進・ひろ子夫妻の娘婿である。三女・君代も姉のひろ子同様内務官僚で宮内庁侍従長を務めた山本悟に嫁いだ。

政治家としての町村金五は北海道知事自治大臣等を歴任したが、父の跡を継いで政治家になったのが金五の次男・信孝である。信孝の没後は、信孝の娘婿・和田義明が後を継いだ。

系譜[編集]

  • 町村家 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村善啓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村泰男
 
町村泰貴
 
町村彰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村鉄雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村俊郎
 
町村貴郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩倉規夫
 
 
町村英郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村敬貴
 
 
婦美子
 
中川雅治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
原文兵衛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志津
 
 
 
 
 
 
 
美穂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
林端
 
 
光子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村末吉
 
 
町村敬志
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こと
 
 
 
 
 
 
 
 
町村謙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村誠
 
 
寿美子
 
 
町村均
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡本半次郎
 
遠山景敏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村織之丞
 
 
町村金弥
 
 
せん
 
 
富士江
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村実
 
 
秋山進
 
 
てる子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下川美佐雄
 
 
 
 
 
 
 
 
小早川光郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひろ子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸子
 
 
山本悟
 
 
まり子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村敬三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林新
 
 
君代
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
亀山孝夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞子
 
 
康子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村金五
 
 
町村忠良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町村信孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二葉
 
 
河合良一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑田熊蔵
 
 
 
 
 
 
 
河合二良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千枝子
 
 
河合三良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河合良之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河合良成
 
 
河合良吾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北村七郎
 
 
 
道子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
河合藤吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今井善衛
 
今井善一
 
 
 
 
 
川崎清造
 
 
 
 
 
 
 
 
山下亀三郎
 
山下太郎
 
 
小坂俊雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川崎潔
 
 
河合鉄二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代目川崎八右衛門
 
 
 
 
 
 
茂子
 
 
節子
 
河本三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千代子
 
 
 
 
 
 
黒崎素行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸子
 
 
 
 
 
郷輝彦
 
 
 
 
 
 
 
愉倫子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
郷力三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恒子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
郷升
 
 
 
 
 
 
繁子
 
 
松方峰雄
 
 
松方岳史
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
郷芳男
 
 
 
 
 
 
加藤祐一
 
 
 
 
 
 
 
 
松方岩雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北田彦三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
松方雪雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清子
 
 
 
 
 
 
 
山下隆一郎
 
 
 
郷純造
 
 
 
英子
 
 
 
 
 
 
郷濬一
 
 
山下眞一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
郷誠之助
 
 
 
 
 
 
 
正木茂次
 
 
 
 
 
 
 
山下淳二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
郷朔雄
 
 
 
 
 
 
 
 
山下洋二郎
 
山下悟郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲葉正縄
 
英子
 
 
郷誠次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
郷健太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千葉忠二
 
恭子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐竹義準
 
操子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎豊弥
 
 
 
 
 
 
岩崎寛弥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎久弥
 
 
岩崎彦弥太
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜勢
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎隆弥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保科正益
 
 
寧子
 
 
岩崎恒弥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

参考文献[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 実名が信頼できる情報源検証可能なのは8代目の次郎兵衛が最初である。故に便宜上町村次郎兵衛を家祖とする。
  2. ^ a b c 『豪閥』 11頁
  3. ^ 『豪閥』 13頁
  4. ^ a b 『豪閥』 14頁
  5. ^ a b c d 『豪閥』 19頁
  6. ^ 『豪閥』 18頁
  7. ^ まちむら農場オンラインショップ - 農場案内
  8. ^ 『豪閥』 16頁