男鹿ナマハゲロックフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

男鹿ナマハゲロックフェスティバル(おがなまはげろっくふぇすてぃばる)とは、毎年7月に秋田県男鹿市船川港内特設ステージにて開催される、野外ロック・フェスティバルである。

概要[編集]

音楽のチカラで「男鹿にたくさん人を呼ぶこと」「男鹿の知名度を上げること」「地元に誇りを持つこと」という地域活性化を目指す事を目的として、地元の有志でOGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL(以下ONRF)実行委員会を結成。

実行委員長である菅原圭位氏が渡米生活を送っていた時期、音楽業界関係者を通じて山嵐と知り合い、山嵐がアメリカツアーを敢行した際に菅原氏が通訳等のアテンドを務めたという。菅原氏が帰国し地元に戻ってからも交流は続き、互いに「いつか男鹿でロックフェスを」と語るようになり、経験と努力を積み重ね実現に到った。[1]

アーティストのブッキングを山嵐の武史が全面的に協力し実行委員自らで行っている。なお、武史はその功績が称えられ、2015年に男鹿市長から感謝状を贈呈された。[2]

エピソード[編集]

  • イベント会場設営や当日の運営に携わるスタッフは実行委員会や地元の高校生のボランティア参加などで進められている他、観光協会との連携をした一大商業イベントとして成立させ、赤字イベントだったものが2016年のVol.7でついに黒字化した。全国の音楽フェスの中で最も地域が一体となるフェスの事例として挙げられている。[3]
  • Dragon AshKjは、インタビューで「“THEミクスチャーフェス”とも言うべきフェス。それは間違いなく全国で刺青率ナンバーワンのフェスで、そのフェスに渦巻いている愛がハンパじゃない。」と語っている。[4]
  • Pay money To my PainはVol.2、Vol.3に出演したが、ボーカルのKが2012年に急逝。以降の出演が困難となったが、Vol.4以降、実行委員会はステージの転換時に彼らの楽曲を流している。なお、T$UYO$HIとZAXはThe BONEZのメンバーとしてVol.5以降出演しているが、PABLOはバンドに属さないため、Pay money To my Pain活動休止後の出演が出来ていなかった。しかしVol.7で、山嵐のゲストギタリストとしてPABLOが召集[5]され、4年ぶりのステージに立った。
  • このイベントでなまはげ郷神楽との交流を深めたTOTALFATは、「夏のトカゲ」という楽曲でなまはげ太鼓をフィーチャーした。
  • レゲエシーンでは重鎮ともいえるMIGHTY CROWNは、初出演したVol.3当時はロックシーンでの知名度は決して高くは無く、彼らのステージが開始直後は客は極めて少ない状況だった。しかし、ロックファンである客層を楽しませる選曲と客を煽るMCにより、ステージ終盤にはモッシュピットは満員状態となった。この光景は毎年の風物詩とも言え、このオーディエンスの変化の経緯を自身のブログ[6]で紹介している。この出演を皮切りに、MIGHTY CROWNが様々なロックフェスティバルへ出演するというのは定番となった。
  • イベントのトリを飾る山嵐のステージでは、“ALLSTARS”と称し、山嵐のSATOSHIがその日に出演したアーティストから名指しでステージに立たせ、フリースタイル形式で歌またはラップをさせている。フリースタイルに慣れていなかったSiMのボーカルのMAHは「聞いてないしまさか呼ばれないだろうと思ってたんだけど、細美さんが呼ばれた時点で『・・・?これは?もしや全員パターン?汗』と焦ってたらマジで呼ばれてちょーテンパりました」と自身のブログ[7]に綴っている。
  • イベント終了後に出演者および関係者で執り行われる打ち上げが「壮絶」「カオス」と言われており、ロックバンドはこの打ち上げへの参加も楽しみにしているためフェス出演を待望していると噂されている。[要出典]
  • イベント公式グッズのアーティスト着用率が高く、イベント開催日以外でもキャップやTシャツなどを着用しているアーティストの姿が多数見られている。

歴史[編集]

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.0[編集]

会場:男鹿市民文化会館 小ホール

出演アーティスト[編集]

2007年11月25日(日)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.0.5[編集]

会場:男鹿市民文化会館 小ホール

出演アーティスト[編集]

2008年5月17日(土)

ONRF × 山嵐 狼煙ツアー2008 in AKITA[編集]

会場:秋田クラブスウィンドル

出演アーティスト[編集]

2008年9月13日(土)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.0.9[編集]

会場:男鹿市民文化会館 小ホール

出演アーティスト[編集]

2008年12月6日(土)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.0.99[編集]

会場:男鹿市民文化会館 小ホール

出演アーティスト[編集]

2009年10月24日(土)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1[編集]

会場:男鹿総合運動公園野球場

出演アーティスト[編集]

2010年7月24日(土)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.2[編集]

会場:男鹿市・船川港内特設ステージ

出演アーティスト[編集]

2011年7月30日(土)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.3[編集]

会場:男鹿市・船川港内特設ステージ

出演アーティスト[編集]

2012年7月28日(土)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.4[編集]

会場:男鹿市・船川港内特設ステージ

出演アーティスト[編集]

2013年7月27日(土)
  • 山嵐
  • Dragon Ash
  • RIZE
  • MONGOL800
  • 細美武士
  • SiM
  • かりゆし58
  • MIGHTY CROWN
  • HEY-SMITH
  • TOTALFAT
  • 鴉(オープニングアクト)
  • ALTER(オープニングアクト)
  • OxNxDxA(男鹿ナマハゲ太鼓推進協議会。)(オープニングアクト)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.5[編集]

会場:男鹿市・船川港内特設ステージ

出演アーティスト[編集]

2014年7月26日(土) 2014年7月27日(日)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.6[編集]

会場:男鹿市・船川港内特設ステージ

出演アーティスト[編集]

2015年7月25日(土) 2015年7月26日(日)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.7[編集]

会場:男鹿市・船川港内特設ステージ

出演アーティスト[編集]

2016年7月30日(土) 2016年7月31日(日)

OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.8[編集]

会場:男鹿市・船川港内特設ステージ

出演アーティスト[編集]

2017年7月29日(土) 2017年7月30日(日)

※当日まで「???」とされ出演は隠されていた[8]

  • 近野淳一(鴉)(オープニングアクト)
  • OxNxDxA(男鹿ナマハゲ太鼓推進協議会。)(オープニングアクト)

脚注[編集]

外部リンク[編集]