男の世界 (1934年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
男の世界
Manhattan Melodrama
Manhattan Melodrama poster.jpg
監督 W・S・ヴァン・ダイク
ジョージ・キューカー(クレジット無し[1]
脚本 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
オリヴァー・H・P・ギャレット
原案 アーサー・シーザー
製作 デヴィッド・O・セルズニック
音楽 ウィリアム・アクスト(クレジット無し[1]
撮影 ジェームズ・ウォン・ハウ
編集 ベン・ルイス
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1934年5月4日
日本の旗 1935年5月
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 355,000ドル
配給収入 735,000ドル(北米配収)
498,000ドル(海外配収)[2]
テンプレートを表示

男の世界』(Manhattan Melodrama)は、W・S・ヴァン・ダイク監督による1934年アメリカ映画である。

ストーリー[編集]

出演[編集]

評価[編集]

アーサー・シーザー第7回アカデミー賞原案賞を受賞した。

影響[編集]

この映画は1934年7月22日に射殺されたジョン・デリンジャーが死の直前に観賞した映画である[3]。このエピソードはデリンジャーを描いた伝記映画『パブリック・エネミーズ』(2009年)でも使われ、本作も劇中で引用される。

出典[編集]

  1. ^ a b Manhattan Melodrama (1934) - Full cast and crew”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年3月17日閲覧。
  2. ^ The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles, California: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study.
  3. ^ John Dillinger: Bank Robber or Robin Hood? — Biograph Encounter — Crime Library on truTV.com”. truTV. 2011年3月17日閲覧。

外部リンク[編集]