男と女のお話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男と女のお話
日吉ミミシングル
A面 男と女のお話
B面 むらさきの慕情
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル 歌謡曲
レーベル ビクター
作詞・作曲 久仁京介(作詞)
水島正和(作曲)
チャート最高順位
日吉ミミ シングル 年表
おじさまとデート
1969年
男と女のお話
1970年
男と女の数え唄
(1970年)
テンプレートを表示

男と女のお話」(おとことおんなのおはなし)は、1970年5月5日に発売された日吉ミミの5枚目のシングル[1]。オリジナル7インチシングル盤規格品番:SV-2037。 

概要[編集]

1967年5月にビクターより「池和子」名義にてデビュー、3枚のシングル盤をリリースするもヒットに恵まれなかったため、1969年11月に改名して再デビュー。改名第2作となる本作が大ヒットオリコンシングルチャート最高6位(1970年9月14日付)を記録する[2](累計売上は60万枚超[3])。

日吉ミミはこれにより、江利チエミの代替出演ながら1970年の『第21回NHK紅白歌合戦』に本作で初出場を果たした。

ロ短調 (Bm)。34拍子で構成されている。出版者セントラルミュージック

B面曲「むらさきの慕情」は、岡千秋の作曲家デビュー作である。イ短調 (Am)。出版者は東洋出版有限会社。

「むらさきの慕情」は長らくLP盤時代よりベスト盤等にも収録されず、CD化もなされない状況が続いていたが、2013年10月9日にMEG-CDのカタログに日吉ミミの作品群が入ったことで「男と女のお話」のカップリングとして収録[4]。デジタル音源として入手・聴くことが可能となった。

オリジナルカラオケ[編集]

本作レコーディングの頃は既に同時録音ではなくなっていたが、2018年現時点でビクターからCD化・一般発売されているオリジナルカラオケ音源に本作以前の作品は確認されていない(本作オリジナルカラオケ音源が最古のようである)[5][6]。ビクターがオリジナルカラオケ音源のマスターを紛失したか処分したかの理由により現存していないことに起因するとみられる。

収録曲[編集]

  1. 男と女のお話
    作詞:久仁京介/作曲:水島正和/編曲:近藤進
  2. むらさきの慕情
    作詞:久仁京介/作曲:岡千秋/編曲:近藤進

カバー[編集]

  • 五木ひろし(1971年8月10日発売、アルバム『よこはま・たそがれ』に収録)
  • 黒川真一朗(2013年2月6日発売、アルバム『黒川真一朗全曲集〜くれない酒場〜』に収録)
  • 中森明菜(2014年8月6日発売、カバー・アルバム『オールタイム・ベスト 〜歌姫(カヴァー)〜』に収録)
  • 大竹しのぶ & 鬼龍院翔(2014年12月24日発売、カバー・アルバム『歌心 恋心』に収録)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「池和子」名義を含める
  2. ^ 同紙集計による売上枚数(注:チャート100位圏内のみの集計)は30.2万枚とされている。
  3. ^ 【あの人は今こうしている】3年前、実の妹を食道がんで亡くしたのに続き、一昨年、自分もすい臓がんに 日吉ミミさん”. ゲンダイネット. 日刊ゲンダイ (2011年1月21日). 2013年11月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年4月27日閲覧。
  4. ^ 「男と女のお話」MEG-CD規格品番:MSCL-11716。販売価格 (税込):¥1,028
  5. ^ 例:『THE オリジナル カラオケ!(昭和歌謡編)』JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント規格品番:VICL-63164、2008年11月19日)収録の音源は本作が最古である。ISRCが何故か1972年と誤って登録されている(JPVI07203720)。
  6. ^ 音楽の森 music Forest データベース 検索結果。