申采浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
申采浩
단재신채호.jpg
各種表記
ハングル 신채호
漢字 申采浩
発音: シン・チェホ
日本語読み: しんさいこう
ローマ字 Sin Chae-ho/Shin Ch'aeho
テンプレートを表示

申采浩(しんさいこう、シン・チェホ、신채호、1880年 - 1936年)は、朝鮮の独立運動家ジャーナリスト、歴史家。朝鮮民族主義歴史学を提唱し、抗日暴力革命思想を啓蒙した。号は丹斎。忠清南道生まれ[1]

年表[編集]

1880年12月8日、李朝の文臣申叔舟の末裔申光植の次男として、忠清道大徳郡山内面於南里桃林村(現大田広域市中区於南洞)で生まれる。

1886年、父光植死去。寺子屋を運営する祖父申星雨から漢学教育を受ける。

1898年、申箕善の推薦で上京し成均館に入学。11月頃、独立運動に加担した罪で逮捕、即釈放。

1899年、兄ジェホが28歳で死去。

1901年、申奎植、申伯雨と忠清北道清原に寺子屋設立。愛国啓蒙運動を展開。

1904年、申奎植、申伯雨と清原郡で山東学院設立。

1905年、成均館博士任命、翌日辞職。張志淵の招聘で皇城新聞論説委員。11月、皇城新聞停刊。

1906年、梁起鐸の推薦で大韓毎日申報主筆。抗日言論運動を展開。

1907年、安昌浩らと新民会創立。趣旨書作成。国債報償運動に参加。祖父死去。

1908年、畿湖興学会月報に愛国啓蒙論説寄稿。大韓協会会報に寄稿。「乙支文徳伝」刊。周時経と「家庭雑誌」創刊。8月から12月まで大韓毎日申報に「読史新論」を連載。

1909年、尹致昊、安昌浩、崔南善らと青年学友会創立。趣意書作成。

1910年、李昇薫が設立した五山学校教師。青島に亡命。大韓光復会副会長。

1911年、ウラジオストクへ渡る。5月、大洋報主筆。12月、勧業会結成、機関紙勧業新聞主筆。

1913年11月、申奎植の斡旋で上海に渡る。独立運動団体を支援する貿易会社同済社に参加。朴殷植らと博達学院創立。

1914年、勸業新聞廃刊。満州高句麗渤海など遺跡調査活動。尹世茸、尹世復兄弟に招聘され懷仁県で東昌学校教師。

1915年、李石曽の斡旋で北京に渡り、普陀庵で生活する[2]。「朝鮮古史」執筆。申奎植と上海で新韓青年会結成。

1916年、中編小説「夢天」を執筆。

1917年、大同団結宣言に参加。

1918年、中華報、北京日報に論説寄稿。大韓独立青年団団長。新大韓青年同盟副団長。

1919年1月、戊午独立宣言書に署名。4月、上海臨時政府発起会議に参加。忠清道議政院議員、全院委員会委員長就任。9月、上海臨時政府が高麗臨時政府、漢城臨時政府と統合した際に、李承晩らと対立し辞任[3]。10月、上海で反臨時政府紙新大韓を発行。義英学校校長就任。武装独立運動路線を展開する。

1920年4月、新大韓発行停止後、北京に戻る。看護婦の朴慈惠と結婚。満州地域の武装独立団体統一に向けた軍事統一準備会組織。大韓独立青年党(大同青年党)団長。朴容萬らと第二回普合団を組織。

9月、朴容萬、申肅らと軍事統一促成会創立し、統一戦線運動を展開。

1921年1月、金昌淑らの支援で漢文雑誌「天皷」「大同」を創刊。2月、国民代表会議を提案。4月、同志54名による「声討文」を公表。

1922年、義烈団金元鳳の招請で上海に渡る。朝鮮革命宣言を執筆。

1923年1月、上海で国民代表会議開催。その後、北京に渡りイ・ギュジュンが創立した武装独立運動団体多勿團顧問。創立宣言文作成。

1924〜5年、「東亜日報」「朝鮮日報」に論説や歴史論文寄稿。この頃から無政府主義に傾倒する。

1926年、在中国朝鮮無政府主義者連盟に登録。

1927年2月、抗日団体新幹会に参加。統一戦線運動が失敗に終わり、さらにアナキズムに傾倒。9月、東方無政府主義者連盟に加盟。大会宣言文作成。

1928年、小説「龍と龍の大激戦」執筆。4月、東方連盟北京会議を開催。機関紙「東方」「奪還」発行などの活動費捻出のため紙幣偽造。5月8日、台湾基隆市で逮捕。

1930年、大連地方裁判所10年の刑を宣告。

1931年、朝鮮日報が「朝鮮史」連載開始。

1936年2月21日、旅順刑務所で獄死。死因は脳溢血

1948年、古史部分で終わった「朝鮮史」を、鍾路書院が単行本「朝鮮上古史」として出版。

1962年3月1日、大韓民国功労勲章大統領章授与。

歴史観[編集]

朝鮮民族の源流を檀君朝鮮に求め、朝鮮民族主義歴史学を提唱する。

著書[編集]

「読史新論」「朝鮮上古史」「朝鮮上古文化史」「朝鮮史硏究草」「乙支文徳伝」「李舜臣伝」

脚注[編集]

  1. ^ 世界大百科事典』【申采浩】
  2. ^ [特集]申采浩が活動した普陀庵と石灯庵旧跡 朝鮮族ネット 黒龍江新聞 2006年8月16日の記事
  3. ^ 「ない国を売り渡しておこうというのは、ある国を売り飛ばした李完用よりひどい逆賊だ」と批判した。

参考文献[編集]