甲田光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

甲田 光雄(こうだ みつお、1924年(大正13年)8月1日 - 2008年(平成20年)8月12日)は、日本医師医学博士。元・日本綜合医学会 会長。元・甲田医院(閉院)院長。断食療法の推進者[1]

概説[編集]

幼少期よりスポーツ万能で、旧制中学では相撲の選手で主将を務めるほどであったが、中学3年の時、慢性の胃腸病に罹り2年間休学する。中学5年生時には重症の黄疸で3か月寝込み、急性肝炎を発症。快癒しないうちに陸軍士官学校へ入学、後に肝炎は慢性へと移行する。戦後、大阪大学医学部に入学したものの、胆囊胆道炎十二指腸炎大腸炎、など病気は増える一方で、大学病院へ入院し治療を続けるが病状は一進一退を続け、頼りにしていた教授からも「いつまでもここにいずに、帰った方がよい」と見放され、やがて現代医学以外の民間療法東洋医学へ目を向けるようになる。学友から、築田多吉の『家庭に於ける實際的看護の秘訣』を見せてもらい、「肝臓病は断食で治る」という一文を見つける。それにより断食に興味を覚え、周囲の反対の声を振り切って奈良県生駒山の断食道場へ行き、11日間の断食を体験する。この断食寮で西勝造の著書『西医学断食法』に出会い、疑問が解消したと感じる。その後も断続的に断食を体験し、繰り返すうちに慢性的になっていた病気は徐々に快方へ向かい、5年もたったころにはすべての病気と縁が切れる[2][1]

甲田医院を設立すると、甲田光雄は、西洋医学を修めた医師であるにもかかわらず、も出さない、注射も打たない医師となり、西式健康法を基本に、菜食の少食療法である西式甲田療法を確立した。指導経験の中で甲田は「本来生物は生命の維持に必要最低限の量の食糧しか食べなくてもよいように体ができている」と覚る。また、現代人の病気の原因は、そのほとんどが食べ過ぎであると考えるようになる[1]

甲田は一定期間、水だけしか飲まない本断食を、1950年から1955年までの5年間に10数回、1969年には23日間の断食を行っている。本断食では、痛みや熱が出るなどの激しい好転反応が出て現代医学では治せない難病が劇的に好転することがあるが、そのコツを会得するために多くの本断食を繰り返した。これを指導者として誰もがもっと安全に楽に行える方法を模索し、試行錯誤の末にたどり着いたのが、朝食を抜くだけでよい「半日断食」であった[1]

甲田療法[編集]

甲田療法は、西式健康法を改良して考案された民間療法。野菜をすりつぶした青ドロを使う西式健康法とは異なり、青ドロをこした青汁を使用する。一日二食、カロリーを1600kcal以下に抑えた食事を何ヶ月にも渡り続ける。食事は主に玄米(あるいは生玄米)、豆腐、青汁で、使用される薬は緩下剤である水酸化マグネシウム(スイマグ)のみ。一日2リットル以上の水、もしくは柿茶の摂取を推奨する。そうした少食を毎日続けていると当然体重が減ってくるが、あるところで体重の減少が止まり、大量の宿便が排泄されるいわゆる甲田カーブが訪れると甲田医師は主張する。大量の宿便が排泄されると胃腸の吸収が良くなり、やがて患者の体重は同じ食事の量であるにもかかわらず増加して行き、適正体重になると増加は止まると甲田医師は主張する。それらの過程で患者の抱えるあらゆる病気は改善し、健康体になると甲田医師は主張する。

年譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 甲田光雄『奇跡が起こる半日断食』(2001年12月15日)
  2. ^ 『甲田流超健康術』東茂由著 甲田光雄監修
  3. ^ 甲田医院公式サイト。平成26年12月末をもって甲田医院を閉院したことを記載。” (2015年1月1日). 2017年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]