甲斐美和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かい みわ
甲斐 美和
生誕 (1913-05-24) 1913年5月24日[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンフランシスコ
死没 (2011-12-10) 2011年12月10日(98歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
国籍日本の旗 日本
別名甲斐 美和子
職業
雇用者コロンビア大学
受賞第1回音楽コンクールピアノ部門大賞(1932年)
栄誉勲四等宝冠章

甲斐 美和(かい みわ、1913年大正2年)5月24日 - 2011年平成23年)12月10日)は、戦前期の日本におけるピアニストであり、戦後はアメリカ合衆国において図書館司書として活躍した。甲斐 美和子(かい みわこ)とも称した。1995年 (平成7年) には日本政府から勲四等宝冠章が贈られた[2][3]

ピアニストとして[編集]

1913年にアメリカ合衆国サンフランシスコで生まれる。祖父は同地で貿易商社甲斐商店を創業した甲斐織衛。幼少のころから踊りとピアノの才能が評判になる。9歳の時に日本に帰国し、東洋英和女学校に在籍。ピアノを川崎ヰデス[4]白系ロシア人マキシム・シャピロに師事した[1][5][6]。その後何度か渡米し、1927年にサンフランシスコで行われたピアノコンクールでベートーヴェン賞を受賞した[2]1932年には日本で開催された第1回音楽コンクール(現在の日本音楽コンクール)ピアノ部門に出場し、大賞を受賞した[1][7]。1933年にニコライ・シフェルブラット指揮の新交響楽団演奏会でロベルト・シューマンピアノ協奏曲イ短調作品54を日本初演し、好評を博す[8][9]1935年には同じくシフェルブラット指揮の新響演奏会でフランツ・リストピアノ協奏曲第1番を演奏した[10]1937年ポーランドワルシャワで開催された第3回ショパン国際ピアノコンクールに、原智恵子と共に初の日本人として参加した[11]。甲斐はワルシャワへの往復の途中でモスクワに立ち寄り、オペラや演奏会を鑑賞してロシアの芸術に感動したことを記している[12]。その後、日米開戦直前に米国に渡った。これについて甲斐は次のように述べている。「9歳で帰国したが、生活は合わず、11歳で一人で渡米したのを皮切りに何度か日米を往復し、結局米国での生活を選んだ」[13]

司書として[編集]

1941年太平洋戦争開戦時にサンフランシスコにいた甲斐は、翌1942年ユタ州のトパーズ収容所に送られた。1944年に知人の人類学者の尽力で収容所を出てニューヨークへ移り、コロンビア大学中央図書館にタイピストとして就職した。その後東亜図書館 (現コロンビア大学C・V・スター東アジア図書館) 日本語図書セクションで目録作成に携わり、1945年にセクション責任者となる[13][14]

東亜図書館の日本語蔵書は、角田柳作の尽力で収集されたコレクションが核となっている[15][16]。甲斐は1945年に戦争が終わると同僚のP.ヤンポルスキーと共にワシントンの議会図書館へ出向き、占領軍が日本から運んだ書籍の整理に携わり、重複した資料数千冊を譲り受けてコロンビア大学の蔵書に加えた[17]。また日本の国立国会図書館早稲田大学図書館などからの研修生を受け入れ、彼らを支援した[18]。彼女は日本語コレクションの充実のために精力的に働き、それはコロンビア大学だけでなく、日本研究を行っている北米の図書館員と研究者に大きな影響を与えた[2][19][20]1983年70歳で定年退職したときには、甲斐の功績を称えた記念プレートが東亜図書館入口に貼られ、記念の桜が植樹された[2][3]。甲斐はその後も2011年に亡くなるまで東亜図書館に通い、アジアと中東研究に関する書誌的支援に関わり、種々の目録作成に精力的に取り組んだ。彼女の最後の仕事は、東亜図書館日本語コレクション構築の歴史記録編纂であった[2][3]

C・V・スター東アジア図書館の閲覧室には甲斐を記念したコーナーが設けられ、甲斐が利用したトパーズ収容所の日本語図書館の看板、甲斐に贈られた勲四等宝冠章などが展示されている[2][21]。また甲斐の遺族は東亜図書館の日本語コレクションを支援する「甲斐美和基金」 (Miwa Kai Fund) を設置した[22]。東亜図書館協会 (Council on East Asian Libraries: CEAL) 機関誌『東アジア図書館雑誌』 (Journal of East Asian Libraries) 154号 (2012) には、ドナルド・キーン大滝則忠ら縁のあった人々からの追悼文が掲載されている[23]

著作 [編集]

コロンビア大学図書館の目録に挙げられている著作一覧[24]

  • Political chronorlgy of Japan, 1885-1957. New York : Reproduced for private distribution by the East Asian Institute of Columbia University, 1957
  • Say it in Japanese. New York : Dover Publications, [1983], ©1983
  • The David Eugene Smith Collection of Works in Japanese on Japanese mathematics. New York : Rare Book and Manuscript Library, Columbia University, 1986
  • The David Eugene Smith Collection of works in Chinese on mathematics and other subjects. New York : Rare Book and Manuscript Library, Columbia University, 1989
  • Japanese Woodblock Printed Books and other Unique Japanese Materials at Columbia University. New York : [Miwa Kai], 1996

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 音楽年鑑 1941, p. 143, 甲斐美和子.
  2. ^ a b c d e f Columbia University Libraries 2012.
  3. ^ a b c 古賀 2017.
  4. ^ 音楽年鑑 1941, p. 148, 川崎ヰデス.
  5. ^ 名草芽生「天才少女ピアニスト甲斐美和子さん」少女倶楽部 10巻9号 1932.9, pp132-133
  6. ^ 萩谷由喜子『クロイツァーの肖像』ヤマハミュージックメディア, 2016, p291
  7. ^ 入賞者一覧 - 日本音楽コンクール”. oncon.mainichi-classic.jp. 2019年3月9日閲覧。
  8. ^ 小川 1983, p. 23.
  9. ^ 内海誓一郎「甲斐美和子嬢のシューマン・コンチェルト演奏批評」音楽評論 創刊号, 1933.4, pp77-78
  10. ^ 小川 1983, p. 26.
  11. ^ 第3回ショパン国際ピアノコンクール プログラム(『デュオ・カサド』玉川大学教育博物館、2016、p25)
  12. ^ 甲斐美和「音楽の都モスコー」月刊ロシヤ 3巻8号, 1937.8, pp100-105
  13. ^ a b 日本経済新聞 2008年12月12日文化欄
  14. ^ 和田 2007, p. 88.
  15. ^ OJAMASG - 在外日本古典籍研究会 - コロンビア大学 C. V. スター東亜図書館”. www.jlgweb.org.uk. 2019年3月9日閲覧。
  16. ^ 甲斐美和「角田先生の思い出」 2020年5月11日閲覧。
  17. ^ 和田 2007, pp. 200-201.
  18. ^ In memoriam: Miwa Kai (1913-2011), Journal of East Asian Libraries, vol. 2012, no. 154
  19. ^ 牧野泰子「本と人 アメリカ図書館界に足跡を残した思い出の人々」日本古書通信, 2015年9月号
  20. ^ 染村絢子『ラフカディオ・ハーンと六人の日本人 : 茨木清次郎・角田柳作・田部隆次・甲斐美和・雨森信成・長谷川武次郎』能登印刷出版部, 2017.1
  21. ^ 和田 2007, p. 98.
  22. ^ First Anniversary of Miwa Kai’s passing 2020年5月10日閲覧。
  23. ^ Memories of Miss Miwa Kai 2020年5月11日閲覧。
  24. ^ Columbia University Libraries 2020年5月10日閲覧。

参考文献[編集]