甲府事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甲府事件(こうふじけん)とは、1975年山梨県甲府市で、少年がUFO宇宙人を目撃したと報道された事件。日本で起きたUFOや宇宙人関連の目撃事件としては最も有名な部類に属する。

概要[編集]

1975年2月23日午後6時頃、帰宅途中だった甲府市立山城小学校生徒2名が、オレンジ色の未確認飛行物体を発見したことが始まりであったとされる。

児童の話によるとUFOとされる物体は彼らを追いかけるような飛行をし、2人は逃げて物陰に隠れたという。これにより児童は未確認飛行物体を見失った。その後、2人はブドウに降り立ったUFOを再度発見したと伝え、機体からはチョコレート色でしわしわの「のっぺらぼう」状態をした宇宙人が現れたと話した。児童のうち1名は背後に回りこんだ宇宙人に肩をたたかれ、その場で恐怖のあまり座り込んでしまい、もう1人はその場から逃げて家族を呼びに行ったが、家族が駆けつけたときには宇宙人は姿を消していた。児童1人の母親は空に銀色の物体がくるくる回転していたと証言した。また父親は消えかかる光を見た、と述べた。[1]

これらの報告を受けて放射能の専門技師である前田進は現地の調査を行った。その結果、UFOが着陸していたとされる場所からは人工的な残留放射能を検出したと一部のマスコミが報道した。放射能は検出されたものの、放射能を人工とする根拠は示されていない。

目撃した児童と家族の具体的な証言にくわえ、甲府市環境センターの管理人がぶどう畑からUFOが飛び立つのを目撃した証言や、UFO着陸現場付近を車で走行中だった保険外交員の女性が、その宇宙人らしき人物と遭遇した証言等(7年後の1982年に証言)があり、以下に示される調査結果が出されている。また当時親の転勤で甲府市に住んでいた作家景山民夫も、飛行していたUFOを目撃したと証言している。

調査[編集]

山梨日日新聞の協力により、現地調査が行われた[2]

現場のブドウ畑では、コンクリート柱の3本が折れたり倒れたりしていた。それらの柱を覆っていた金網は、重量のある物を乗せたかのように大きく広がっていた。地面には数か所の穴が開いていて、リヤカーの轍のような痕跡が残っていた。[1][2]

備考・疑問点[編集]

目撃された宇宙人が「帰ってきたウルトラマン」に出てくるバット星人ソフトビニール人形と似ているという指摘がある。また、子供のジョークを大人が真に受けて、子供たちを引くに引けなくさせると言うコティングリー妖精事件フォックス姉妹ラップ音の事件と類似する構造が指摘されている。

一方で、甲府市環境センターの管理人がUFOが飛び立つのを目撃した証言や、UFO着陸現場付近を車で走行中だった保険外交員の女性が宇宙人らしき人物と遭遇した証言もあるが、こうした証言を集めたのが信憑性が低いとされるアダムスキーを信奉する雑誌であり、その正確性や公平性が高いとは言えない。

また、「UFO」の目撃情報は総合すると旅客機の飛行時間とコースに一致している上に、南山宏が指摘するように、上には鳥除けのネットが張られ、支柱に囲まれたブドウ畑に、どうやってUFOが着陸したのかと言う点で辻褄が合わない(支柱が倒れていたのは確かだが、目撃証言の大きさに対して小さすぎるし、そもそもブドウの木が被害を受けていない)。従って、宇宙人の宇宙船がブドウ畑に着陸し付近を歩行探索したとされる話は、信頼性が高いとは言えない。しかしこの上空を旅客機が飛行する場合、高度数千メートルを時速数百キロで通過するのみであり、旅客機と見間違えたという説はつじつまが合わない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『世界UFO大百科 復刻版』学研
  2. ^ a b 並木 (2017) p.20

参考文献[編集]

  • 並木伸一郎、2017、「ナチスUFOと異星人接近遭遇「甲府事件」の謎」、『ムー』(2017年3月号)、学研プラス pp. 14-21

関連項目[編集]

外部リンク[編集]