甲型魚雷艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
甲型魚雷艇
第14号魚雷艇
第14号魚雷艇
基本情報
艦種 魚雷艇
前級 一号型魚雷艇
次級 乙型魚雷艇
要目 (計画)
排水量 86.0トン
(10号は86.9トン)[1]
全長 32.40m
最大幅 5.00m
吃水 1.166m[1]
機関方式 71号6型ガソリンエンジン4基
4軸、3,680馬力
(10号は2軸、3,680馬力)[1]
速力 29ノット
(10号は29.86ノット)[1]
航続距離 28ノットで410海里
16ノットで1,200海里
燃料 ガソリン
乗員 18名
兵装 45cm魚雷落射機2基
(10号は45cm魚雷落射機4基)
7.7mm機銃3挺
(10号は7.7mm機銃2挺)
魚雷を搭載しない場合は爆雷12個[1]
テンプレートを表示

甲型魚雷艇日本海軍魚雷艇。計画番号はT-51a(10号型)とT-51b(11号型)に2分されるが、ここでは甲型として一括して扱う。同型艇計8隻。

T-51a[編集]

一号型魚雷艇に続いて、1941年(昭和16年)度策定のマル急計画では18隻の魚雷艇の建造が計画され、昭和17-18年度に4隻、18-19年度に14隻の予算が臨時軍事費から認められた。前型の一号型は20トンクラスであったが本型はドイツ魚雷艇の影響を受けて一気に80トンクラスの大型魚雷艇とした。船体は丸形船底で鉄骨木皮構造、エンジンはMAS艇 に搭載されていたイソッタ型エンジンを国産化した76号6型エンジンを4基搭載した。それをフルカン式流体継手で2基ずつ結合し2軸推進とした。魚雷は左右舷側に2基ずつの落射機を装備、計4基を装備した。

ドイツ魚雷艇の船体は軽合金製だったが日本では資材の節約から鉄骨木皮にせざるを得ず、船体重量が増した。また継手の採用等で機関部の重量も増し、そのために各部の重量軽減を実施した。しかしそれは機械台の構造を弱くし振動が発生、全力6/10以上の速力が出せなくなり補強の必要が生じた。これらのため排水量80トンの計画が実際には90トンを越え、計画速力30ノットに達しなかった。また凌波性も十分でなくT-51a型は横浜ヨット鶴見工場で建造された1隻のみに終わっている。

同型艇[編集]

  • 10号

T-51b[編集]

10号魚雷艇が失敗に終わったため軽量化と工事の簡易化を進めた。流体継手を廃止し4軸推進とし、また魚雷を2本に減らし代わりに機銃を3挺に強化している。本型は横浜ヨット鶴見工場で3隻、更に銚子工場で8隻が建造された[2]。11号魚雷艇からに順次竣工したが工場の鉄鋼工作能力の不足、エンジンの完成の遅れなどにより工事ははかどらず、また竣工後に判明した欠陥の改良を工事中の艇に反映させたため、後続艇の竣工は更に遅れた。ローリングが激しく、また計画速力に達せず、24ノットに終わった艇もあったという[3]。結局7隻が竣工し1944年(昭和19年)8月以降に進水した艇は工事中止となった。

また改マル5計画で10号改型として更に18隻の建造が計画されたが着工に至らず建造取り止めとなった[4]

結局この大型魚雷艇は8隻の建造のみに終わり、次型の乙型は20トンクラスと一号型魚雷艇と同じ大きさに戻った。この一貫性のない建艦計画と建造着手の遅れを今村好信は著書で強く非難している[5]

同型艇[編集]

  • 11号から17号の7隻
  • 18号から20号は工事中止[3]

参考文献[編集]

  • 今村好信『日本魚雷艇物語 日本海軍高速艇の技術と戦歴』(光人社、2003年) ISBN 4-7698-1091-1
  • 『日本海軍特務艦船史』(海人社『世界の艦船』1997年3月号増刊、No.522〔増刊第47集〕)
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』(朝雲新聞社、1969年)
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年第3刷)ISBN 4-562-00302-2

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 要目は『昭和造船史』による。『日本魚雷艇物語』によると排水量84.2トン、吃水1.109m、速力29.0ノット、10号は爆雷無し、11号以降は魚雷を搭載しない場合爆雷8個。また『世界の艦船』によると排水量は10号が80トン、11号以降75トン、吃水は10号が1.17m、11号以降1.11m、機関出力3,600馬力、速力は10号が計画30ノット、11号以降は29ノット。
  2. ^ 『日本魚雷艇物語』p58による。『世界の艦船』によると完成7隻、工事中止3隻の計10隻。
  3. ^ a b 『世界の艦船 日本海軍特務艦船史』p45による。
  4. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<2> 開戦以後』(朝雲新聞社、1975年)p36,43。
  5. ^ 『日本魚雷艇物語』p58-59。

関連項目[編集]