由布惟明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
由布惟明
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文17年(1548年
死没 天正15年12月13日1588年1月11日
別名 惟時[1]
官位 大炊介(助)
主君 立花道雪立花宗茂
氏族 由布氏
父母 父:由布家続、母:靏原鑑員
兄弟 惟重惟明
吉田連正
大鳥居信岩室(立花道雪養女)、惟貞惟賢
テンプレートを表示

由布 惟明(ゆふ これあき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将立花氏の家臣。由布惟克(加賀守)系由布氏当主。戸次四天王の一人。

経歴[編集]

『柳河藩享保八年藩士系図』では登場しないが『将士軍談』では兄・惟重がいたが、惟重は分家して大友氏に仕え、家督は惟明が継いだとする。父・由布家続天正2年(1574年)に致仕。

『将士軍談』によると永禄7年(1564年3月25日豊前国柳浦合戦において16歳で初陣[2]して以降、大小38の合戦に従軍し、14枚の感状をもらったという。また筑前国嘉良山城代を勤め、宇美郷内75町を領するという。

『柳河藩享保八年藩士系図』の立花八次郎系譜に掲載される高橋鎮種(主膳入道紹運)が天正9年(1581年)に立花宗茂が立花氏養子になる際に家臣に出した覚に「由布大炊介」の名が見える。また、『柳河藩享保八年藩士系図』の堀善右衛門系譜に掲載される天正14年(1586年)の知行打渡状の連署の中に「由布大炊介惟時」の名が見える。

『将士軍談』によると天正15年(1587年)に柳川において700石を与えられたが、同年に起こった和仁城攻めにおいて、城主の弟である和仁親範(弾正)に討ち取られて39歳で戦死する。

一說には、同じ和仁城攻めの際、先鋒となって一番乗りの功を立てたが、耳が不自由なために家来の声が届かず、和仁方の中村治部少輔の弓矢により討ち死にした。 のち当地の村人達は彼を丁重に葬り、彼の墓石を「耳の神様」として代々供養された。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『将士軍談』及び天正14年(1586年)の史料の署名。
  2. ^ 『筑後国史・筑後将士軍談』由布大炊助惟時(惟明)家譜 [1]

出典[編集]

  • 『柳川歴史資料集成第二集 柳河藩享保八年藩士系図・上』 柳川市史編集委員会編・ 福岡県柳川市 1996年平成8年)発行
  • 『柳川歴史資料集成第二集 柳河藩享保八年藩士系図・下』 柳川市史編集委員会/編 福岡県柳川市 1997年(平成9年)3月発行
  • 『姓氏家系大辞典 第三巻』太田亮著・角川書店・1963年(昭和38年)初版