由井敢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

由井 敢(ゆい いさむ、明治37年(1904年3月20日 - 昭和60年(1985年))は日本実業家住友電気工業副社長。

製紙王藤原銀次郎の妻禄子の兄の孫[1]

経歴[編集]

鳥取県西伯郡境町(現在の境港市)出身。由井哲三の長男。

大正13年(1924年東京商大専門部(現在の一橋大学)を卒業し住友電気工業入社。

昭和21年(1946年)東京支店長に就任。昭和22年(1947年取締役に挙げられた。

参考文献[編集]

  • 『第十六版人事興信録(下)』1951年 ゆ一頁
  • 『新・人国記④』 朝日新聞社 1963年 137頁

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新・人国記④』 1963年 137頁

外部リンク[編集]