田辺寿利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田辺 寿利(たなべ すけとし(または「じゅり」[1])、1894年3月15日 - 1962年1月25日)は、日本の社会学者

経歴[編集]

北海道釧路市出身。1921年東京帝国大学社会学科選科中退。建部遯吾に師事。日本大学講師などを経て、38年モンゴル・蒙疆学院副院長。戦後は東洋大学東北大学金沢大学教授などを務めた。フランス社会学、特にオーギュスト・コントデュルケームの研究・紹介に尽くした。また、言語社会学研究の分野においても先駆的な役割を果たした。主著に『言語社会学叙説』(1943年)、『フランス社会学成立史』(1965年)、訳書にデュルケーム『社会学的方法の規準』(1942年)など。弟に煙突男(田辺潔)がいる。

著書[編集]

  • フランス社会学史研究 刀江書院 1931
  • コント実証哲学 岩波書店 1935 大思想文庫
  • 言語社会学 時潮社 1936
  • 言語社会学叙説 日光書院 1943
  • コンドルセとその時代 フランス革命の思想的背景 国立書院 1948
  • フランス社会学成立史 有隣堂出版 1965
  • 田辺寿利著作集 第1巻 (フランス社会学成立史) 未来社 1979.11
  • 田辺寿利著作集 第4巻 (言語社会学) 未来社 1981.5
  • 田辺寿利著作集 第2巻 (コンドルセとコント) 未来社 1982.7
  • 田辺寿利著作集 第3巻 (デュルケム社会学研究) 未来社 1988.7
  • 田辺寿利著作集 第5巻 蔵内数太ほか監修 未来社 2001.11

共編著[編集]

  • 満蒙行政瑣談 金井章次著 田辺編. 創元社 1943
  • 社会学大系 全15巻 国立書院・社会学大系刊行会 1948-1955

翻訳[編集]

  • 発成的社会学 有史以前の思想及び社会生活に関する論文 フランツエスコ・コセンチニ 社会学研究会 1922 社会学叢書
  • 社会学の本質 ルネ・ウオルムス 東条書店 1923
  • 未来史の断片 タルド 不及社 1925 社会学研究叢書
  • 社会学研究法 エミール・デュルケム 刀江書院 1928
  • 社会的分業論 第1分冊 デュルケム 森山書店 1932
  • 教育と社会学 デュルケム著 フォコンネ編 登文社書店 1934
  • 実証的精神論 コント 1938 岩波文庫
  • 社会学的方法の規準 エミル・デュルケム 創元社 1942 哲学叢書
  • 社会学概論 第1部 (社会哲学) レスタア・フランク・ウォオド 野村書店 1946

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「じゅり」という振り仮名が付された自筆履歴書が存在する。(橋本哲也「煙突男田辺潔詳論」『金沢大学経済学部論集』NO.17(2)、1997年[1]