田舎郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
令制国一覧 > 東山道 > 陸奥国 > 田舎郡

田舎郡(いなかぐん、いなかのこおり)は、青森県津軽平野黒石市南津軽郡尾上町(現平川市)・田舎館村付近に存在した[1]郡である。

沿革[編集]

かつて奥六郡の北には郡は置かれなかったが、延久蝦夷合戦の結果、糠部郡鹿角郡比内郡平賀郡鼻和郡田舎郡が建郡された。 建郡の時期は文献がないため不明だが、清原真衡の時代という説と藤原清衡の時代(奥州藤原氏)という説がある[2]

田舎郡は、かつての陸奥国青森湾津軽平野などにかけた広い地域に位置し、建武元年(1334年)8月21日の工藤貞行譲状にあるのが初見である。

南北朝期には、田舎郡の一部である津軽平野東部に津軽山辺郡が一時的に建てられ[3]、津軽四郡とも呼ばれた。

江戸時代前期の寛文4年(1664年)の朱印改めに際し、「田舎郡」・「鼻和郡」・「平賀郡」の津軽三郡はそれぞれ「田舎庄」・「鼻和庄」・「平賀庄」と改称し、郡名は消滅して津軽郡となった。

脚注[編集]

  1. ^ 『浪岡町史』p.699-700
  2. ^ 『青森県の歴史』p.76-88
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 2 青森県』

参考文献[編集]

  • 『浪岡町史 第一巻』青森県南津軽郡浪岡町(現 青森市)、2000年3月15日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 2 青森県』角川書店、1985年12月1日。ISBN 4-04-001020-5
  • 小口雅史、長谷川成一・村越潔・斉藤利男・小岩信竹『青森県の歴史』山川出版社、2000年。ISBN 978-4-634-32020-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]