田端信之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田端 信之
基本情報
本名 田端 信之
通称 和製ハーンズ[1]
階級 ウェルター級
スーパーウェルター級
身長 186cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1963-12-27) 1963年12月27日(53歳)
出身地 神奈川県横浜市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 24
KO勝ち 22
敗け 6
引き分け 2
テンプレートを表示

田端 信之(たばた のぶゆき、1963年12月27日 - )は、日本の元プロボクサー神奈川県横浜市出身。元日本ウェルター級、同スーパーウェルター級王者。現役時代はコーエイ工業小田原ボクシングジム所属。パンチ力、テクニックともに中量級では傑出し[1]、「和製ハーンズ」の異名をとった。

来歴[編集]

プロ[編集]

1981年12月27日、プロデビュー戦に初回KO勝利を収めた。以来6戦連続KO勝利後の1982年12月19日、不戦勝で東日本ジュニアウェルター級新人王を獲得。翌1983年3月5日、8戦連続KO勝利で全日本ジュニアウェルター新人王を獲得し、同大会のMVPに選出された。

1984年1月13日、プロ12戦目にして無限川坂(上福岡)との対戦に10R判定負けで初黒星を喫し、同年4月5日には尾崎富士雄(帝拳)との対戦に4RKO負けを喫して2連敗となった。その後、6勝 (5KO) を上げるが、1985年9月30日、オーストラリアブリスベン・フェスティバル・ホール英語版でオーストラリアウェルター級王者のブライアン・ジェンセンに5RTKO負け。同年11月16日、韓国城南市で李相縞(韓国)に10RKO負けを喫した。

1986年2月6日、2連敗後の再起戦で尾崎富士雄の持つ日本ウェルター級王座に挑戦し、2-1の判定勝利で同王座を獲得したが、同年6月5日、初防衛戦で尾崎とのリターンマッチに5RKO負けを喫し、王座を失った。

1987年1月8日、日本ジュニアミドル級王座決定戦を久保健司(アポロ)と争い、初回2分59秒KO勝利で王座を獲得した。同王座を1度防衛後の同年8月23日、猛暑の[1]韓国・仁川広域市で鄭栄吉(韓国)の持つOPBF東洋太平洋ジュニアミドル級王座に挑戦し、脱水症状を起こして[1]9RKO負けを喫した。日本同級王座は全KO勝利で4度防衛した後、1988年10月6日に返上した。

1989年3月20日、田島吉秋(ベル協栄)の持つ日本ミドル級王座に挑戦し、三者三様の判定引分となって3階級制覇は果たせず、この試合を最後に現役を引退した。

引退後[編集]

2007年には翌年公開の映画「ラブファイト」のために林遣都北乃きい大沢たかおらにボクシングを指導した[2]。翌2008年には自らが「ザ・おやじファイト」に出場し、ミドル級王座を獲得した[2]

東京渋谷区神宮前でモデル・映画への出演経験を経て、社会人へボクシングを指導。2009年B-UP BOXING統括プロデューサー就任[2]、2009年8月23日には第1回大会が開催された[3]。また2009年から2010年にかけては、映画「ボックス!」のために市原隼人高良健吾らにボクシングを指導。[2]。2010年JBSC理事に就任。B-UP初代チャンピオン誕生。現在、選手育成、日本ボクシング界の人気復興支援、健康スポーツ用品プロデュース、メディアでのボクシング指導など多方面で活躍中。

獲得タイトル[編集]

  • 第39回東日本ジュニアウェルター級新人王
  • 第29回全日本ジュニアウェルター級新人王 (MVP)
  • 第31代日本ウェルター級王座(防衛0)
  • 第18代日本ジュニアミドル級王座(防衛4)

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ボクシング・マガジン編集部編 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ベースボール・マガジン社、2004年3月1日 ISBN 4-583-03784-8、353頁。
  2. ^ a b c d B-UP | ボクシングスパーリング大会・ビーアップ - 田端信之プロフィール
  3. ^ B-UP | ボクシングスパーリング大会・ビーアップ - 最新情報 - 「ボクシング・マガジン10月号掲載」 2009年9月17日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
尾崎富士雄
第31代日本ウェルター級王者

1986年2月6日 - 1986年6月5日

次王者
尾崎富士雄
空位
前タイトル保持者
カーロス・エリオット
第18代日本ジュニアミドル級王者

1987年1月8日 - 1988年10月6日(返上)

空位
次タイトル獲得者
上山仁