田淵節也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田淵 節也(たぶち せつや、1923年10月25日 - 2008年6月26日)は、野村證券(現・野村ホールディングス)の社長、会長を歴任した日本実業家。後に社長に就任する田淵義久と区別するため俗称は大田淵。  

来歴・人物[編集]

岡山県津山市出身[1]旧制松江高等学校から京都大学法学部に進み卒業後の1947年野村證券に入社。主に営業畑を歩んだ後、1978年54歳の若さで社長に就任。精彩を欠いていた国際部門を飛躍的に伸ばし、世界有数の証券会社に押し上げた。1985年社長の座を田淵義久に譲り会長に就任した後も、実力会長として君臨。1990年12月には証券業界では初の経団連副会長に就任したが、1991年損失補てん問題や暴力団との取引が発覚。国会で証人喚問を受けた。責任を取って会長職を辞任し相談役に退き、経団連副会長は解任された。1995年再び取締役に就任し復権を果たしたが、1997年総会屋への利益供与が発覚。すべての役職から退いた。

2008年6月26日、心不全のため死去[2]。84歳。

脚注[編集]

  1. ^ 本籍は岡山の津山市(旧苫田郡神庭村)であるが、大邱生まれで旧制中学まで大邱で育ち、旧制高校松江、大学は京都のため岡山に住んだことはない(日本経済新聞、2007年11月4日、40面<私の履歴書>)
  2. ^ “田淵節也元野村会長が死去 収益拡大「業界のドン」 証券不祥事で引責”. 共同通信. (2008年6月28日). http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008062701001018.html 2014年11月6日閲覧。 
先代:
水上達三
中東調査会会長
第3代: 1989年 - 1991年
次代:
石原俊