田村西男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田村 西男(たむら にしお、1879年2月11日 - 1958年1月21日)は、日本劇作家小説家、劇評家。

東京日本橋生まれ。本名・喜三郎。東京法学院(現中央大学)卒。1903年より『文藝倶楽部』に小説を発表。1907年、光村合資出版より滑稽文芸雑誌『笑』を創刊し花柳小説を書く。『中央新聞』の劇評を担当し、劇界・花柳界の通であった。女優の田村秋子は長女。

著書[編集]

  • 『芸者』中島辰文館ほか 1911
  • 『新落語』宇宙堂 1911
  • 『又芸者』辰文館 1911
  • 『芸者五大噺』辰文館 1912
  • 『芸者新話』辰文館 1912
  • 『半玉』辰文館 1912
  • 『二階 花柳小説』鈴木書店 1913
  • 『春色情くらべ』辰文館 1913
  • 『米八』如山堂書店 1913 新梅ごよみ叢書
  • 『芸者往来』欣々堂 1914
  • 『比翼紋』興風社 1915
  • 『水調子』興風社 1915
  • 『女優髷』誠文堂書店 1917
  • 『蝶の簪』啓興社 1917
  • 『木曽川治水記 薩摩義士表彰』演劇時報社 1919
  • 『捕り縄』ライト社 1922
  • 『文楽』大東京社 1927

共編・編訳[編集]

  • 白浪五人男鳥居清忠画 興風社 1918 芝居文庫
  • 西鶴五人女 新訳』名作人情文庫刊行会 1920
  • 『日本音曲全集』全15巻 中内蝶二共編 日本音曲全集刊行会 1927-1928
  • 『大衆日本音曲全集』中内蝶二共編 誠文堂新光社 1937
  • 『日本音曲全集』中内蝶二共編 緑蔭書房 1987

参考[編集]

  • 『日本近代文学大事典』講談社、1984