田村志津枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田村 志津枝(たむら しづえ、1944年1月1日[1] - )は日本のノンフィクション作家、映画研究家。夫は作家の夫馬基彦[2]


概説[編集]

1944年の正月に日本統治下の台湾台南市に生まれる[3]。父親は台南陸軍病院に勤務していた[4]。小学校入学前、母親から「あなたはタンパンセンで生まれた」と聞かされ、自分は船の中で生まれたと思いこむが、これは地名の「台南市桶盤桟(タンパンセン)18番地」のことだった[3]引き揚げ後は長野県小諸市で育つ[5]。1968年早稲田大学第一文学部ドイツ文学専修卒[6]

雑誌の編集[7]、記録映画製作に携わる一方、1970年代半ばからドイツのニュージャーマンシネマを、1980年代初めからは台湾の侯孝賢監督やエドワード・ヤン監督ら一群の台湾ニューシネマを日本に初めて紹介し、その普及に努めた[6]。それにより1989年には日本映画ペンクラブ奨励賞、台湾政府新聞局功を労賞した。中国語映画の字幕翻訳者でもある[6](約30作品)。

その後、ノンフィクション作品にも活動領域を拡げ、台湾映画および台湾社会に関する著書を多く執筆する[8]。最近は若山牧水伝も書いている。1995年より日本大学文理学部中文科講師として映画論や表象文化論を担当する[6]

主な著書[編集]

  • 『はじめに映画があった 植民地台湾と日本』(中央公論新社)
  • 『スクリーンの向うに見える台湾』(田畑書店)
  • 『台湾発見 映画が描く「未知」の島』(朝日文庫)
  • 『台湾人と日本人 基隆中学Fマン事件』(晶文社)
  • 『悲情城市の人びと 台湾と日本のうた』(晶文社)
  • 『若山牧水 さびしかなし』(晶文社)
  • 『侯孝賢の世界』(岩波書店)
  • 『李香蘭の恋人 キネマと戦争』(筑摩書房)
  • 『初めて台湾語をパソコンに喋らせた男―母語を蘇らせる物語』(現代書館)

主な訳書[編集]

主な映画字幕翻訳[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ http://www.hokushinhouse.com/pt_ponchan/vol35
  3. ^ a b 田村(2010年)41ページ
  4. ^ 田村(2010年)173ページ
  5. ^ 田村(2010年)162ページ
  6. ^ a b c d 田村(2010年)奥付
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ 田村(2010年)221ページ

参考文献[編集]

  • 田村志津枝『初めて台湾語をパソコンに喋らせた男―母語を蘇らせる物語』(2010年)現代書館 ISBN4768456316

外部リンク[編集]