田村信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田村 信一(たむら しんいち、1948年(昭和23年) - )は、日本社会思想史学者、北星学園大学学長経済学博士立教大学)。

来歴[編集]

東京都生。1971年(昭和46年)法政大学経済学部卒業。1979年立教大学大学院経済学研究科博士課程修了。同年、同経済学部助手。1981年北星学園大学経済学部専任講師。1984年北星学園大学経済学部助教授。1991年北星学園大学経済学部教授。2001年北星学園大学院経済学研究科教授。2005年北星学園大学副学長。2012年同大学学長に就任。

専門は、社会思想史・経済思想史・経済政策論など幅広く研究。

受賞歴[編集]

第37回日経・経済図書文化賞(1994年)

主著[編集]

  • 『ドイツ経済政策思想史研究』(未来社、1985年)
  • トマス・リハ著 原田哲史, 内田博と共訳『ドイツ政治経済学―もうひとつの経済学の歴史』(ミネルヴァ書房、1992年)
  • 『グスタフ・シュモラ-研究』(御茶の水書房、1993年)
  • シュモラー著・田村訳『シュモラー 国民経済、国民経済学および方法 (近代経済学古典選集 第2期)』(日本経済評論社、2002年)
  • 原田哲史と共著『ドイツ経済思想史』(八千代出版、2009年)

北星大学威力業務妨害事件をめぐる学長対応[編集]

従軍慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者の植村隆が非常勤講師を務める北星学園大に脅迫状が届いた問題では、我々も小さな大学であり学生確保も安泰ではない、来期は非常勤講師の雇用契約を更新しない、来期の更新がなくても外圧に屈したことにはならないとの考えを学内の会議で示したことを2014年10月31日の記者会見で述べた。2014年12月22日学園理事長との共同声明で非常勤講師の2015年度契約を更新する意向を示すとともに、「抑圧や偏見から解放された広い学問的視野のもとに、異質なものを重んじ、学内外のあらゆる人を隣人と見る開かれた人間」の養成に努めていく決意を表明した。[1][2][3][4][5][6]

脚注[編集]

  1. ^ 「朝日新聞元記者を来年度雇用しない意向 北星学園大学長」 2014年11月1日 朝日新聞 2014年11月1日閲覧
  2. ^ 「慰安婦報道 元記者の家族も攻撃」 2014年10月7日 朝日新聞 2014年11月1日閲覧
  3. ^ 「学者や弁護士ら、脅迫状届いた大学を支援する会」 2014年10月7日 朝日新聞 2014年11月1日閲覧
  4. ^ 「元朝日記者の講師契約打ち切りか 脅迫事件の北星学園大」 2014年10月31日 北海道新聞 2014年11月1日閲覧
  5. ^ 「慰安婦問題:北星学園大 元朝日記者処遇巡り学内相反」 2014年10月31日 毎日新聞 2014年11月1日閲覧
  6. ^ 本学学生および保護者の皆様へ 北星学園大学 2014年12月22日 2015年7月2日閲覧

参考文献[編集]

  • 『北海道人物・人材情報リスト2004 か-と』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)

外部リンク[編集]

先代:
金井新二
北星学園大学学長
第11代:2012年 ‐
次代:
現職