田村久三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田村 久三(たむら きゅうぞう、1897年10月1日 - 1972年3月23日)は、日本の海軍軍人海上保安官警備官機雷専門。最終階級は海軍大佐、警備監(後の海将)。

経歴[編集]

栃木県出身。田村徳吉の三男として生まれる。(旧制)栃木県立栃木中学校卒業を経て、1918年に海軍兵学校46期)を卒業。海軍大佐として終戦を迎える。戦後は、第二復員省海上保安庁警備隊海上自衛隊の前身)で掃海作業の責任者として活動した。

戦後の掃海作業[編集]

日本海軍は、田村久三元海軍大佐を最高指導者として機雷関係のスタッフを揃え、米海軍司令部との折衝を続けながら、占領軍指揮による掃海作業の準備へ入った。まず掃海艇の整備を行うと共に、当時解散しつつあった海軍軍人の中から人員の補充確保に努め、全国各地に所在する掃海関係船艇合計360隻、人員約1,900名をもって新たに掃海部隊を編成し、1945年(昭和20年)9月から10月にかけて占領政策のために一時中断されていた掃海作業を再開。掃海作業は、米海軍より敷設機雷の資料を入手し、占領軍指揮の下で、計画的に行われた。

朝鮮戦争における掃海作業[編集]

朝鮮戦争開戦直後から、北朝鮮軍は機雷戦活動を開始しており、アメリカ海軍第7艦隊司令官は機雷対処を命じたものの、国連軍編成後も国連軍掃海部隊は極僅かであった。そこで国連軍は、元山上陸作戦にあたって、日本側へ海上保安庁の掃海部隊を派遣するよう求め、日本側は田村を朝鮮海域掃海部隊の総指揮官に任命。朝鮮水域の掃海隊は「特別掃海隊」と呼ばれ、国旗に替えて万国信号E(特別任務)旗を掲げるよう指定された。

年譜[編集]

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1969年(昭和44年)11月3日

参考文献[編集]