田村しげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村しげる

田村 しげる(たむら しげる、本名:田村 茂1908年明治41年)12月20日 - 1980年昭和55年)10月14日)は昭和期の作曲家。

経歴[編集]

京都府峰山町(現京丹後市)出身。家は、現在の田村写真館(京丹後市峰山町白銀) 1925年大正14年)地元の宮津中学校を卒業し上京。武蔵野音楽学校に入学。 1927年(昭和2年)3月7日に発生した北丹後地震で故郷の家が被災し、財産を喪失。苦学する。

1931年(昭和6年)武蔵野音楽大学を卒業[1]ビクターレコードから「酔って笑って」を作曲し作曲家デビュー[1]。翌年キングレコードの専属となって松島詩子らの曲を作曲し、さらにポリドールレコード東海林太郎などにも曲を提供した[1]

戦後は、コロムビアの専属として、ラジオ歌謡の「たそがれの夢」、「白い花の咲く頃」、「リラの花咲く頃」などの曲を数々手がけた。

妻は作詞家の寺尾智沙である。「白い花の咲く頃」は妻と共に作詞作曲した。 また、「白い花の咲くころ」は、丹後文化会館の敷地内に1992年に設置された石碑があり[1]、ボタンを押すと白い花が咲くころのメロディーが流れる。

代表曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「田村 しげる / たむら しげる」『丹後地区広域市町村圏事務組合2市2町政策連携会議調査報告書 近世・近代における郷土の先覚者』(PDF)丹後地区広域市町村圏事務組合、2011年、38頁。2020年8月21日閲覧。