田川幹太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田川 幹太
生誕 (1967-06-05) 1967年6月5日(51歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル 映画モキュメンタリードキュメンタリー
職業 映画監督脚本家プロデューサー

田川 幹太(たがわ かんた、1967年6月5日 - )は日本の映画監督脚本家大阪府出身。東海大学文学部卒業。元日本シナリオ作家協会会員。2000年初頭はタガワカンタというカタカナ表記で活動。フェイクドキュメンタリー映画などの監督を務めており、現在は自主制作の場にも活動を広げている。代表作は『稲川淳二の恐怖への招待状』、『杉沢村伝説 完全無削除 絶対恐怖版』『パチンコ バトル・ロワイアル』、『最強獣誕生 ネズラ -NEZULLA-』、『本当にあった!!都市伝説』等が挙げられる。

来歴[編集]

大阪府に生まれる。門真第一中学に入学し、後に守口市立梶中学校に転校。東海大学付属仰星高校に進学。第一期生である。東海大学文学部に進学し卒業後、映像制作の世界に入りオリジナルビデオ業界で活動する。

2003年東京国際ファンタスティック映画祭出典作品、『最強獣誕生 ネズラ -NEZULLA-』で監督生命を絶たれる程の酷評を一部の特撮フリークから浴びせられた。

2003年に長年勤めていた制作会社トランスフォーマーから独立し、ビデオ制作会社ビックバームを設立。同年、『本当にあった!!都市伝説』第一作目を制作し、以後、オカルト、ドキュメンタリー、モキュメンタリー等のジャンルで活動を展開する。

2013年にZooチャンネルをYoutubeとニコニコ動画で開設。

主な作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]