田崎竜太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「竜太」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213およびMicrosoftコードページ932)が含まれています詳細
たさき りゅうた
竜太
生年月日 1964年4月19日(52歳)
出生地 日本の旗 日本東京都[1]
民族 日本人
職業 映画監督演出家
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1987年 - 現在
公式サイト 田崎竜太 (@tasaki4158) - Twitter
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーシリーズ」「Sh15uya
非公認戦隊アキバレンジャー
映画
小さき勇者たち〜ガメラ〜
忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段

竜太(たさき りゅうた、1964年4月19日[1] - )は、日本の映画監督。主に特撮テレビドラマ作品の監督演出家

来歴[編集]

東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。1987年早稲田大学の先輩である東映の寺成紀プロデューサーが上司である堀長文プロデューサーに「何の仕事でも良いので田を使ってください」と直訴。その甲斐あって堀の意向で大学在籍中に『仮面ライダーBLACK』にてサード助監督として関わり、キャリアをスタート(なお、同番組参加前に『超人機メタルダー』に3日間勉強として現場に参加したのが正式なデビューである)。その続編となる『仮面ライダーBLACK RX』ではセカンド助監督、同じく石ノ森章太郎原作の作品であるテレビドラマシリーズ『HOTEL』でも助監督を務める。それらの作品では松井昇がチーフの助監督を務めており、以降松井の下や東映特撮作品の現場で助監督として長く師事する。

1993年よりスーパー戦隊シリーズの『五星戦隊ダイレンジャー』の現場に参加し渡辺勝也竹本昇と各話交代でチーフ助監督を担当。その翌年の『忍者戦隊カクレンジャー』よりほぼ単独でチーフ助監督とキャリアを重ねていき、1995年寺プロデューサーの推挙により『超力戦隊オーレンジャー』の第39話「皇子決闘に死す」で本編の監督デビュー[1]。その翌年には寺がチーフプロデューサーを務める『激走戦隊カーレンジャー』で早くもローテーション監督に定着。続く『電磁戦隊メガレンジャー』でも重要回を数多く采配したのち、1998年スタート『星獣戦隊ギンガマン』で初のメイン監督を務める。その後、同シリーズの英語版ローカライズ作品であるパワーレンジャーシリーズの制作側が、東映に監督の貸し出しを要望していることを知り、参加を希望[2]。同シリーズのプロデューサー、ジョナサン・ヅァクワーの招聘で[3]、1999年1月に渡米[1]。同シリーズに2年携わったあと2000年10月に帰国[1]。2001年、白倉伸一郎プロデューサーの招聘で『仮面ライダーアギト』より仮面ライダーシリーズに監督として復帰、『仮面ライダー555』まで3年連続でメイン監督としてシリーズに関わり劇場版の演出も手掛けた。その後『美少女戦士セーラームーン』を経て、子供向け特撮番組から離れ、オリジナルのSFドラマ『Sh15uya』を監督した。

2006年、初めて東映の手を離れて手がけた監督作品『小さき勇者たち〜ガメラ〜』が公開。その後『仮面ライダーカブト』でOP演出&サード監督として仮面ライダーシリーズに3年ぶりに復帰、『仮面ライダー電王』から2010年スタートの『仮面ライダーオーズ/OOO』まで5作連続でパイロット演出を担当。また2010年には『星屑たちのfootage(フッテージ)』で舞台の初演出を務めた。2012年には『非公認戦隊アキバレンジャー』のメイン監督を経て、スペシャルドラマ『特捜最前線×プレイガール 2012』シリーズの演出を一手に担当した。2013年は『非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛』『仮面ライダー鎧武/ガイム』の2作品でパイロットを手掛ける傍ら、『科捜研の女』や舞台演出、映画を2本手掛けるなど精力的に活動している。

エピソード[編集]

  • 早稲田大学在学中には特撮ファンサークル「怪獣同盟」に所属し、高寺成紀は先輩、塚田英明は後輩に当たる。
  • メイン監督を初めて務めたのは『星獣戦隊ギンガマン』だが、前年度の『電磁戦隊メガレンジャー』においても、通常パイロット監督が手掛けることの多いオープニング・エンディング演出を代行しつつ、新ロボ・新戦士登場編や地方ロケ編を担当するなどメイン監督に近い役割を担っている。
  • 東條昭平諸田敏ほどではないが田自身もカメオ出演したことがある。『美少女戦士セーラームーン』の「Special Act」編で主人公の父親役として登場している。TVシリーズでは父親の姿はなかったものの、その回での終盤のみに登場し、主人公の結婚式場で泣きながら感激する姿が確認できる。

作風[編集]

  • 撮影プランの立て方は、事前にイメージを固めてもコンテの画に引っ張られてしまい、撮影の状況も日を追う毎に変わってくるため、なるべくギリギリに決めるという形を心掛けている[4]
  • 平成仮面ライダーシリーズでは切断描写や流血描写が禁じられているが、『仮面ライダー電王』では砂、『仮面ライダーオーズ/OOO』ではメダル、『仮面ライダー鎧武/ガイム』では果汁など代替となるものが飛び散る描写を取り入れている[5]

パイロット監督として[編集]

最近では「年間を通じて第3・4話を演出するのが一番難しい」とまで主張しており、だからこそ『仮面ライダー電王』で長石多可男や『仮面ライダーW』で諸田敏が演出した第3・4話を見て「長石監督はすごい」、「見事な第3-4話を作り上げた諸田さんはすごい。パイロットを崩して、さらに面白くした」[6]と感服したという。

  • 小笠原猛監督も「第3・4話はいろんな皺寄せがくるから面倒なんだよ」と田と同じような意見を雑誌インタビューで述べている。しかし反面辻野正人監督のように「第3・4話よりそりゃパイロットのほうが難しいですよ」と答える監督もおり、この問題に関しては各人によって見解は分かれる模様である。因みに田は2013年現在、セカンドパイロットを担当したことは1度もない。

作品[編集]

テレビ[編集]

連続[編集]

太字はパイロット担当作品。

単発[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 忍者戦隊カクレンジャー スーパービデオ 秘伝之巻(1994年、講談社
  • 超力戦隊オーレンジャー スーパービデオ 隊員手帳(1995年、講談社)
  • 超力戦隊オーレンジャー スーパービデオ オーレ!超力情報局(1995年、講談社)
  • 激走戦隊カーレンジャー スーパービデオ(1996年、講談社)
  • 電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー(1998年、東映ビデオ

ネットムービー[編集]

ミュージックビデオ[編集]

脚本作品[編集]

  • スワッピング・スクール(1996年、ピンクパイナップル)松井昇との共同脚本

演出協力[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「21世紀をもっと面白くする映像クリエーターたち」、『宇宙船』Vol.95、朝日ソノラマ2001年3月1日、 46頁、 雑誌コード:01843-03。
  2. ^ 大前京太郎(構成・文)、NIRDY(構成・文)、ヤス(構成・文)「ガオレンジャーVSパワーレンジャー」、『フィギュア王』No.44、ワールドフォトプレス2001年、 20頁、 ISBN 978-4846523183
  3. ^ 製作現場について”. 東映マイスター. 2014年8月23日閲覧。
  4. ^ 「監督・田崎竜太インタビュー」、『宇宙船』Vol.106(2003年5月号)、朝日ソノラマ、2003年5月1日、 12-13頁、 雑誌コード:01843-05。
  5. ^ 『OFFICIAL PERFECT BOOK GAIM WARNING FRUIT COCKTAIL [仮面ライダー鎧武/ガイム 公式完全読本]』 ホビージャパン〈公式完全読本シリーズ〉、東京、2014年12月13日、第1版、pp.68、96。ISBN 978-4-7986-0933-1
  6. ^ 『仮面ライダーマガジン』Winter '09-'10(2009年、講談社)[要ページ番号]
  7. ^ 星屑たちのfootage(フッテージ)take2 | 劇団 球
  8. ^ あうるすぽっと 公演情報 おれの舞台

外部リンク[編集]