田峻ウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田 峻玗(チョン・ジュンウ)
Jeon Jun-Woo
ロッテ・ジャイアンツ #8
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身地 慶尚北道慶州市
生年月日 (1986-02-25) 1986年2月25日(33歳)
身長
体重
184 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手
プロ入り 2008年 2次ドラフト15位
初出場 2008年9月3日
年俸 5億ウォン(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
WBC 2013年

田 峻玗(チョン・ジュンウ、1986年2月25日 - )は、韓国出身のプロ野球選手

経歴[編集]

2004年度の2次ドラフトでロッテ・ジャイアンツに7位指名を受けるも、大学進学のため拒否。4年後の2008年に15位指名で正式にロッテへ入団。1年目は、開幕1軍こそ逃すもその2軍にてオールスターMVPに選ばれるなど活躍。9月3日に初めて1軍デビューを果たした。

2010年は、走攻守三拍子揃いの実力を評価され、レギュラーに定着。打順は8番だが勝負強い印象から恐怖の8番打者というあだ名がついた。ポストシーズンでも、鄭載勳から決勝本塁打を打つなど活躍。

2011年は、金周燦の戦線離脱から1番で起用されることもあった。全試合に出場し自身初めて3割を記録した。

2012年は、レギュラー定着後初の不調に陥り夏場には2軍降格も経験しよい結果を残せなかった。

2013年は開幕前ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表に選ばれ、2年ぶりに全試合に出場した。

2014年仁川アジア大会韓国代表に選ばれず兵役免除の機会を得られなかったこともあり、同年12月軍へ入隊し警察野球団に所属することになった。

2016年9月3日に除隊され翌4日、ロッテ・ジャイアンツに復帰した。2018年には初めて最多安打の個人タイトル、ゴールデングラブ賞を受賞した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]







































O
P
S
2008 ロッテ(KBO) 15 30 3 3 0 0 3 3 0 0 5 9 1 2 .100 .229 .200 .429
2009 26 59 13 3 0 2 12 9 1 0 6 16 1 1 .220 .292 .373 .665
2010 114 350 101 14 2 19 56 57 16 7 34 89 7 2 .289 .352 .503 .855
2011 133 539 162 38 5 11 97 64 23 9 57 101 14 6 .301 .367 .451 .818
2012 122 459 116 22 4 7 63 38 21 8 52 103 16 6 .253 .329 .364 .693
2013 128 455 125 25 1 7 65 66 19 8 70 77 15 6 .275 .371 .380 .751
2014 113 415 121 23 2 14 69 66 7 4 43 71 10 2 .292 .356 .458 .814
2016 25 99 25 7 0 2 16 10 3 3 13 25 4 0 .253 .339 .384 .723
2017 110 455 146 27 1 18 76 69 2 4 37 70 11 0 .321 .370 .503 .873
2018 144 556 190 36 2 33 118 90 7 7 55 82 12 0 .342 .400 .592 .992
通算:10年 930 3417 1002 198 17 113 472 313 99 50 372 643 91 28 .293 .360 .460 .820
  • 各年の太字はリーグ最高

タイトル・表彰[編集]

代表歴[編集]

外部リンク[編集]