田宮武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田宮 武(たみや たけし、1933年4月18日 - 2001年5月5日)は、日本の社会学者。

和歌山県橋本市生まれ。1959年関西大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。関西大学社会学部助教授、教授[1][2]。差別問題、マスコミ論などを論じた。在任中に死去。

著書[編集]

  • 『生きて闘って 南但馬の部落差別と解放運動』兵庫部落解放研究所 1982
  • 『文学にみる差別表現論 『ピノキオ』と『破戒』をもとに』明石書店 1984
  • 『マスコミと差別語の常識』明石書店 1993
  • 『人権意識論』明石書店 1995
  • 『マスコミと差別表現論』明石書店 1995
  • 『テレビ報道論』明石書店 1997

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 学部短信 田宮武さんを悼む〔含 田宮武教授の略歴および研究業績」妹尾剛光「関西大学社会学部紀要.2001.10