田宮嘉右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たみや かえもん
田宮 嘉右衛門
田宮嘉右衛門翁.jpg
神戸製鋼所神戸本社 田宮胸像
生誕1875年8月29日
日本の旗 日本愛媛県新居浜郡立川山村
死没1959年4月13日
記念碑田宮記念館
国籍日本の旗 日本
出身校高等小学校
職業実業家
宗教キリスト教
配偶者井上かね
田宮冶助

田宮 嘉右衛門(たみや かえもん、1875年8月29日 - 1959年4月13日)は、日本の実業家。初代神戸製鋼所支配人、第五代神戸製鋼所社長。勲3等瑞宝賞。

経歴[編集]

愛媛県新居浜郡立川山村出身。1890年高等小学校卒業。1904年、鈴木商店入社。1905年、(株)神戸製鋼所を発足させ、同支配人に就任。1911年、第五代神戸製鋼所社長に就任。戦後は公職追放指定を受けたが、51年の解除後は再び相談役に就任した。また、播磨造船所社長、神戸銀行取締役などを歴任し、経済同友会名誉会員などもつとめた。

人物[編集]

田宮は「至誠一貫」「和衷協同」の精神をかかげ、その生涯を創業期、戦中、戦後と神戸製鋼とともに歩み、神戸製鋼所中興の祖とされる。戦前より神戸製鋼所に銑鋼一貫生産体制を整えることを切望し、1959年、神鋼病院の病床で高炉完成の知らせを聞くと、そのほおに喜びの色が見えたという。