田子館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯40度20分18秒 東経141度08分44秒 / 北緯40.338202度 東経141.145679度 / 40.338202; 141.145679

田子館の位置(青森県内)
田子館
田子館
田子館の位置

田子館(たっこだて)は、青森県三戸郡田子町に存在した日本の城。別称、牛尾館。

東西200m南北120mの規模の平山城。佐々木惣右衛門の居館の佐々木館と、南部一族の居館の前館の二館を総称する。

現在跡地は、佐々木館は畑地、前館は田子中学校の敷地[1]として整地されている。

沿革[編集]

戦国期にみえる地名で、達戸とも書いた。

田子前館は、南部氏一門が藩主交代のたびに居館として利用した。

永禄年間(1558年 - 1570年)の南部一族の内訌のさい、田子館主は田子九郎信直であり、三戸南部氏26代を継承して三戸城に移るが、その後も別館として使用した。

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 2 青森県』 角川書店1985年12月1日ISBN 4-04-001020-5
  • (有)平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系 第2巻 青森県の地名』 平凡社1982年7月10日
  • 児玉 幸阿・坪井 清足 『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』 新人物往来社1980年7月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]