田園交響楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

田園交響楽』(でんえんこうきょうがく、La Symphonie pastorale)は、フランスノーベル文学賞受賞者アンドレ・ジッドの小説。1919年発表。

概要[編集]

盲目の少女を熱演する原節子

1910年から1918年にかけてジッドは困難な状況にあった。それは自身の信仰の危機と夫婦間の危機であった。プロテスタントであったジッドの周りにいた弟子や友人がカトリックに改宗し、ジッドにも改宗を迫ることがあった。時代は第一次世界大戦のさなか、ジッドは難民救済に従事し、改めてキリストの福音に心のよりどころを見出そうとした。彼がたどりついたのは、「わたしはかつては律法とかかわりなく生きていました。しかし、掟が登場したとき、罪が生き返ってわたしが死にました。」(ローマの信徒への手紙7:9)というパウロの言葉であった。さらにジッドはマルク・アレグレという青年との同性愛関係によって夫婦関係が破綻寸前であった。ジッドの頭に『盲人』というタイトルが浮かんだ。それはマタイによる福音書15:14にあるイエスの『盲人が盲人の道案内をすれば、二人とも穴に落ちてしまう』という言葉をモチーフにした作品だった。

あらすじ[編集]

身寄りもなく、無知で盲目だったジェルトリュードを牧師は純粋な慈悲の心から引き取ったつもりだったが、やがて牧師と牧師の妻と息子、ジェルトリュードを巡って愛憎劇が展開される。数年後、彼女は「真実を知りたい」という切な願いを牧師に訴えて視力回復手術を受けたが、視力を得た彼女は現実を見てしまった。ジェルトリュードは「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう」(ヨハネによる福音書9:41)というイエスの言葉をかみしめる。

映画[編集]

参考文献[編集]

  • 神西清訳『田園交響楽』、新潮文庫、ISBN 4-10-204504-X
  • 新庄嘉章『ジッドの作品と生涯』、新潮文庫
  • 若林真『田園交響楽について』、新潮文庫