田口宏昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たぐち・ひろあき
田口宏昭
生誕 日本の旗 日本 大阪府
出身校

京都大学大学院

大阪府立旭高等学校9期生
職業 社会学者

田口宏昭(たぐち・ひろあき、1944年 - )は、日本の社会学者熊本大学名誉教授。専門は医療社会学および死の社会学大阪府出身。

経歴[編集]

  • 1973年3月 京都大学大学院文学研究科博士課程(社会学専攻)単位取得退学
  • 1991年4月 熊本大学文学部教授
  • 2009年3月 自然葬についての質問紙調査の概要をまとめる
  • 2010年3月 熊本大学定年退職

著作[編集]

  • 『現代生活と社会学的視点』(共著)(1977)
  • 『応用社会学の諸問題』(共著)(1978)
  • 『社会学論集--持続と変容--』(共著) (1999)
  • 病気と医療の社会学』(2001)
  • 「組織における専門職」(1979)
  • 「専門職組織における分化と統制--病院の組織論的考察に関する覚書--」(1981)
  • 「人口の社会動態からみた地域社会の変化--天草下島河浦町のばあい--」(1986)
  • 「死の臨床社会学・序説」(1988)
  • 「子供の遊び・子供の組織化」(1989)
  • 「死をめぐる諸問題の研究」(2003)
  • 「ストレス理論の使われ方--その医学的概念の歴史的社会構築--」(2005)

翻訳[編集]

  • 『社会学的発想の系譜』(共訳)(1975)
  • 『政治エリート』(共訳)(1982)

外部リンク[編集]