田原祥一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田原 祥一郎
出身地 日本の旗 日本 宮崎県延岡市
学歴 東京芸術大学音楽学部声楽科
東京芸術大学大学院オペラ科
ミラノ音楽院
ジャンル クラシック
職業 テノール歌手
担当楽器 声楽

田原 祥一郎(たはら しょういちろう)は、日本テノール歌手

経歴[編集]

宮崎県延岡市出身。宮崎県立延岡高等学校卒業、1963年東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。1966年に同大学大学院オペラ科修了。同年の第1回民音コンクール1位、第35回毎日音楽コンクール声楽部門2位、同海外派遣特別審査会1位・松下賞受賞。

1968年よりイタリアミラノヴェルディ音楽院に留学。チェコスロバキアプラハにて、ペーター・マークの指揮によるオラトリオ「アブラモとイザッコ」のアブラモ役としてレコーディングを行う。

在欧中、ヴィオッティ国際音楽コンクール金賞、ロニーゴ国際声楽コンクール第2位、メラーノ国際コンクール第1位、エンナ国際コンクール第2位を受賞。

1971年に帰国し、帰国後は「魔笛」(タミーノ役)、「コジ・ファン・トゥッテ」(フェルランド役)、「マルタ」(ライオネル役)、「ラ・ボエーム」(ロドルフォ役)、「カヴァレリア・ルスティカーナ」(トゥリッドゥ役)等のオペラに出演した。

畑儀文武庫川女子大学教授)・油井宏隆(大阪城南女子短期大学教授)・辻本健市(園田学園女子大学教授)・並河寿美・佐藤しのぶ[1]等、数多くの声楽家の指導を行なった。

肩書[編集]

受賞歴[編集]

  • 1966年 - 第1回民音コンクール1位
  • 1966年 - 第35回毎日音楽コンクール声楽部門2位
  • 1966年 - 第35回毎日音楽コンクール海外派遣特別審査会1位(松下賞)
  • 1971年 - 大阪文化祭賞
  • 1978年 - 神戸市文化奨励賞[2]
  • 2004年 - 兵庫県文化賞

脚注[編集]

[ヘルプ]