田原村 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たわらむら
田原村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
宇治田原村田原村宇治田原町
現在の自治体 宇治田原町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 京都府
綴喜郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
面積 19.66km2.
総人口 4,184
国勢調査1955年
隣接自治体 宇治市、綴喜郡宇治田原村、多賀村久世郡城陽町相楽郡和束町
田原村役場
所在地 京都府綴喜郡田原村
座標 北緯34度51分10秒 東経135度51分25秒 / 北緯34.85267度 東経135.85686度 / 34.85267; 135.85686 (田原村)座標: 北緯34度51分10秒 東経135度51分25秒 / 北緯34.85267度 東経135.85686度 / 34.85267; 135.85686 (田原村)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

田原村(たわらむら)は、京都府綴喜郡にあった。現在の宇治田原町の西部にあたる。

地理[編集]

  • 河川:宇治川
  • 山岳:大峰山、荒木山、御林山、艮山

歴史[編集]

  • 1873年(明治6年)4月 - 上町村と下町村が合併して郷之口村が発足。
  • 1874年(明治7年) - 贄田村・糠塚村・大道寺村・平岡村が合併して立川村が発足。
  • 1875年(明治8年) - 老中村・符作村・名村・切林村が合併して南村が発足。
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、綴喜郡郷ノ口村・南村・荒木村および立川村の一部(贄田)・久世郡高尾村の区域をもって発足。
  • 1956年昭和31年)9月30日 - 宇治田原村と合併して宇治田原町が発足。同日田原村廃止。

行政[編集]

歴代村長[1][編集]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 橋本當直 1889年(明治22年)6月19日 1893年(明治26年)6月20日
2 上尾七郎兵衛 1893年(明治26年)8月3日 1895年(明治28年)4月9日
3 今西儀太郎 1895年(明治28年)5月7日 1899年(明治32年)5月6日
4 上尾七郎兵衛 1899年(明治32年)5月12日 1902年(明治35年)3月
5 奥村宗三郎 1902年(明治35年)4月9日 1902年(明治35年)9月29日
6 大辻善一 1902年(明治35年)10月8日 1909年(明治42年)3月20日
7 奥村宗三郎 1909年(明治42年)3月23日 1909年(明治42年)10月30日
8 大辻善一 1909年(明治42年)11月5日 1913年(大正2年)11月23日
9 住田利一郎 1913年(大正2年)11月29日 1915年(大正4年)6月30日
10 西川孝之助 1915年(大正4年)7月4日 1916年(大正5年)3月25日
11 大辻善一 1916年(大正5年)3月29日 1919年(大正8年)3月20日
12 西川孝之助 1919年(大正8年)3月24日 1920年(大正9年)9月10日
13 加美種次郎 1920年(大正9年)9月10日 1921年(大正10年)6月20日
14 堀口弥一郎 1921年(大正10年)7月1日 1921年(大正10年)9月14日
15 西川孝之助 1921年(大正10年)10月1日 1923年(大正12年)4月26日
16 垣内吉太郎 1923年(大正12年)5月9日 1927年(昭和2年)5月8日
17 垣内伊太郎 1927年(昭和2年)5月12日 1930年(昭和5年)9月20日
18 西川孝之助 1930年(昭和5年)10月5日 1931年(昭和6年)3月1日
19 今西義一 1931年(昭和6年)3月7日 1935年(昭和10年)3月6日
19 新井栄次郎 1935年(昭和10年)3月15日 1939年(昭和14年)3月14日
20 奥田光賢 1939年(昭和14年)3月26日 1940年(昭和15年)8月22日
21 新井栄次郎 1940年(昭和15年)9月1日 1942年(昭和17年)7月30日
22 奥田善一郎 1942年(昭和17年)8月1日 1944年(昭和19年)4月25日
23 住田利夫 1944年(昭和1年)4月26日 1945年(昭和20年)4月30日
24 潮見久右衛門 1945年(昭和20年)5月8日 1946年(昭和21年)12月2日
25 矢野芳造 1947年(昭和22年)4月5日 1952年(昭和27年)9月20日 公選、のちの第二代宇治田原町長
26 住田利夫 1952年(昭和27年)10月16日 1955年(昭和30年)12月2日 公選
27 谷口宗三郎 1955年(昭和30年)12月20日 1956年(昭和31年)8月26日 公選、のちの初代宇治田原町長

施設[編集]

  • 郷ノ口郵便局

教育[編集]

小学校[編集]

  • 田原村立田原小学校 - 1873年(明治6年)9月27日維孝館荒木小学校として荒木村山瀧寺跡大御堂(現在の中央公民館跡地付近)に創立。当初は上町村、下町村、老中村、符作村、名村、切林村、荒木村、贄田村、糠塚村、大道寺村、平岡村、岩本村、長山村、禅定寺村、湯屋谷村、川上村、宮村、栢村、茶屋村の宇治田原郷19村を学区とする。1875年(明治8年)から1877年(明治10年)にかけて、克明館奥山田小学校、篤信館湯屋谷小学校、循誘館禅定寺小学校、彰善館南小学校を分離。1887年(明治20年)7月岩山尋常小学校(現・宇治田原小学校)と学区を分離し、郷之口村、南村、荒木村の3村を学区として郷之口尋常小学校と改称し、郷之口村字本町へ移転。1893年(明治26年)4月田原尋常小学校に校名変更、12月大字郷之口小字中林7の現在地に移転。1903年(明治36年)4月高等科を併置し、田原尋常高等小学校となる。1941年(昭和16年)維孝館国民学校を経て、1947年(昭和22年)4月田原村立田原小学校と改称。

廃校[編集]

  • 郷之口尋常小学校高尾分校 - 1873年(明治6年)久世郡高尾村立高尾小学校として創立。1889年(明治22年)4月郷之口尋常小学校高尾分校(大字高尾字北坂16)となり、1903年(明治36年)3月末廃止。
  • 郷之口尋常小学校荒木分校 - 1887年(明治20年)7月郷之口尋常小学校荒木分校として元の維孝館荒木小学校の地に設置され、1893年(明治26年)3月末廃止。
  • 郷之口尋常小学校南分校 - 1877年(明治10年)8月彰善館南小学校として南村字溝尻8(現在の南公民館の地)に創立。1887年(明治20年)7月郷之口尋常小学校南分校となり、1893年(明治26年)3月末廃止。校舎は田原尋常小学校へ移築。

中学校[編集]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 26 京都府
  • 宇治田原町史第二巻
  • 宇治田原町史資料編篇第1集
  • 宇治田原町史資料編篇第3集
  • 宇治田原町史資料編篇第7集

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ (日本語) 宇治田原町史 第2巻, 宇治田原町, (1988), doi:10.11501/9576468, https://doi.org/10.11501/9576468 2022年5月20日閲覧。 

関連項目[編集]