田原敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田原 敬三(たはら けいそう、男性、1952年11月4日 - 2005年6月11日)は、日本空手家である。日本空手道・徹武館(広島)館長。

1984年1月20日から22日にかけて日本武道館で行われた第3回オープントーナメント全世界空手道選手権大会では、日本人で初めて“熊殺し”の異名を取ったウィリー・ウィリアムスに勝利した(ウィリーの反則負けを除く)。

略歴[編集]

1952年11月4日、父:主一、母:光子の次男として現在の広島県広島市西区横川町に生まれる。企業や大学の野球部監督を生業としていた父親により、幼少時から野球の英才教育を受ける。

1970年3月、愛媛県立西条高校から4番ライトで第42回選抜高等学校野球大会出場。大洋ホエールズからドラフトの話が出るが故障のため法政大学へ進学。翌71年、故障が悪化し野球部を退部。その後は西条高校で野球部コーチを務めた。

1977年、25歳で広島にて空手を始める。1983年、第1回オープントーナメント西日本空手道選手権大会で優勝。

1984年、第3回オープントーナメント全世界空手道選手権大会 第7位入賞。ウィリー・ウィリアムス (格闘家)との死闘は極真名勝負に数えられ、伝説となっている。

世界大会後、現役を引退。現役引退後は故郷広島で徹武館を立ち上げ後進の育成に努める。

内臓を悪くして入院していたが、2005年6月11日、入院先の病院で脳出血を起こし死去。

主な著書[編集]

  • 「攻撃空手 技術と練習法」

関連項目[編集]