田代菊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田代 菊雄(たしろ きくお、1940年 - 2021年5月12日)は、日本の法学者。専攻は西洋法制史教会法カノン法)、社会福祉法制。ノートルダム清心女子大学名誉教授日本キムイルソン研究会会長[1]

経歴[編集]

人物・主張[編集]

主な著書[編集]

  • 日本カトリック社会事業史研究(法律文化社 1989.12)[2]
  • 社会福祉論〔改訂版〕「(共著)」(学術図書出版社 1991)
  • 新訂現代憲法講義「(共著)」(法律文化社 1992)
  • 新版 大学生のための研究の進め方・まとめ方(編著)(大学教育出版 1994)
  • とび出せ!AMDA(アムダ)-阪神大震炎と国際緊急救援の記録 (共著)(厚生科学研究所 1995)
  • 阪神大震災と市民ボランティア-岡山からの証言と提言 (編著)(山陽新聞社 1995)
  • 少子・高齢社会の社会福祉(編著)(学文社 1998)
  • 憲法から考える平和と人権(共著)(法律文化社 1999)
  • 学生・院生のための研究ハンドブック(編著)(大学教育出版 2001)
  • 新少子・高齢社会の社会福祉(学文社 2002)
  • 平和と人権〔改定版〕(共著)(法律文化社 2004)
  • 私たちの人間論(共著)(大学教育出版 2004)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]