田代城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
田代城
岐阜県
別名 蓮台城
城郭構造 平城
天守構造 未詳
築城主 森可勝
築城年 1500年代初頭
主な城主 森可勝、森可成
廃城年 未詳
遺構 跡地にある神社
指定文化財 町指定史跡
位置

岐阜県羽島郡笠松町田代670-1 

Template:E緯136度45分05.6秒
Template:N経35度21分36.7秒

田代城(でんだいじょう)は、現在の岐阜県羽島郡笠松町田代にあった、戦国時代日本の城である。この城がある地域は、当時尾張国葉栗郡である。

略歴[編集]

築城は1500年代初頭と言われているが、不明である。初代城主の森可勝森成利(蘭丸)等を輩出した、戦国武将森氏である。天文21年(1552年)に、森可成の長男である傳兵衛可隆、永禄元年(1558年)には次男勝蔵(長可)、永禄3年(1560年)には森越後守可行の次男九一郎(対馬守可政)が誕生している。 永禄8年(1565年)可成の三男蘭丸長定(乱丸成利)が金山城に於いて誕生しているため、1560年1565年に廃城となったと思われる。

織田信長・斎藤道三との関わり[編集]

斎藤道三の娘の帰蝶(濃姫)は織田信長の元に嫁いでいる。天文22年(1553年)、斎藤道三と織田信長は尾張国中島郡冨田村(現・愛知県一宮市)の正徳寺聖徳寺)で親子対面し、帰りをともにする。田代城にて別れの儀式を行い、道三は稲葉山城に、信長は那古野城に戻っていったという。

現在[編集]

跡地には白鬚神社がある。この地には奈良時代の寺院跡(蓮台寺、東流廃寺)があり、礎石が発掘されている。

関連項目[編集]