田中龍夫 (入間市長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 龍夫
たなか たつお
生年月日 (1952-08-20) 1952年8月20日(69歳)
出生地 日本の旗 埼玉県入間郡東金子村
(現・入間市小谷田
出身校 早稲田大学政治経済学部
所属政党自由民主党→)
無所属
サイン Tanaka-Tatsuo signature.png

Flag of Iruma Saitama.JPG 第4代 入間市長
当選回数 2回
在任期間 2012年11月18日 - 2020年11月17日

選挙区 西2区
当選回数 5回
在任期間 1995年 - 2012年

当選回数 4回
在任期間 1981年 - 1995年
テンプレートを表示

田中 龍夫(たなか たつお、1952年8月20日 - )は、日本政治家。元埼玉県入間市長(2期)、元埼玉県議会議員(5期)、元入間市議会議員(4期)。

来歴[編集]

埼玉県入間郡東金子村(現・入間市小谷田)に生まれる。武蔵町立東金子小学校(現・入間市立東金子小学校)、入間市立武蔵中学校、埼玉県立川越高等学校卒業。1976年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業[1]

被選挙権を得た25歳のときに当時の入間市長の水村仁平に「市長になりたいがどうすればいいか」と相談しに行く。その時に「まずは議員になって勉強をすることだ」と諭され、議員になることを決意[1]1981年入間市議会議員に初当選。市議時代、全国最年少で議長に就任。

1995年埼玉県議会議員に初当選。5期務める。

2012年10月21日に行われた入間市長選挙に立候補し、元副市長の吉田竹雄、元市議の野口哲次らを破り初当選。2013年3月まで自由民主党入間市支部長を務める。

2016年、再選[2]

2020年7月15日、次期市長選に出馬せず引退する意向を表明[3]。後継指名は行わないものの、市長選では埼玉県議会議員の杉島理一郎を支持する考えを示した[4]

市政[編集]

  • 2020年(令和2年)6月5日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、また、固定資産税等の課税誤りに対する責任を明らかにするため、自身の7月から9月までの月額給与を40%減額する条例案を市議会定例会に提出した(前者による減額30%、後者による減額10%)。副市長については20%、教育長については15%減額する[5]。6月26日、同条例案は全員一致で可決された[6]

人物[編集]

  • 入間市剣道連盟顧問にして教士七段である。
  • 入間市駅伝に連続して出場している。

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Vol.166 首長 田中 龍夫 埼玉県入間市長 「自分の背中は自分でしか押せない」 | 若者と政治を結ぶ NPO法人ドットジェイピー
  2. ^ “入間市長選 田中氏が再選 石田氏を破る 投票率33.48% /埼玉”. 毎日新聞. (2016年10月24日). https://mainichi.jp/articles/20161024/ddl/k11/010/060000c 2020年7月17日閲覧。 
  3. ^ “入間市の田中市長、次期市長選不出馬表明”. テレビ埼玉. (2020年7月15日). http://mail.teletama.jp/news/20200715.html 2020年7月17日閲覧。 
  4. ^ 産経新聞『入間市長選に自民系県議 現職・田中氏は3選不出馬』2020年7月17日。
  5. ^ 令和2年度一般会計補正予算(第3号)”. 入間市役所 (2020年6月27日). 2020年11月19日閲覧。
  6. ^ 議案第73号 市長等の給料の額の特例に関する条例の一部を改正する条例”. 入間市議会. 2020年11月19日閲覧。
  7. ^ たっちゃん市長の真剣勝負 | 番組紹介” (日本語). 77.7MHz FMチャッピー. 2020年12月23日閲覧。
公職
先代:
木下博
Flag of Iruma Saitama.JPG埼玉県入間市長
2012年 - 2020年
次代:
杉島理一郎