田中雅博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 雅博(たなか まさひろ、1946年 - 2017年3月21日[1])は、日本医師僧侶

経歴[編集]

栃木県芳賀郡益子町西明寺で生まれる。父親の勧めで医師を目指し、東京慈恵会医科大学を卒業。国立がんセンターで研究所室長[要出典]病院内科医として勤務。大正大学に進学し、仏教を7年間学び、西明寺を継いだ。住職を務めながら、1990年境内に入院病床を備えた(緩和ケアもおこなう)普門院診療所や介護施設を建てた。2014年10月、末期の膵臓癌が発見された。その後肝臓に転移[2]。30年間「病院にもスピリチュアル・ケアワーカーが必要」と訴え続けた[3]2017年3月21日午前7時20分に死去した。70歳没[1]。 その後、寺の住職は同じく医師である妻の貞雅が引き継いだ。

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 田中雅博師死去 僧侶兼医師、医療と仏教の協力目指す 産経新聞 2017年3月21日付
  2. ^ 『いのちの苦しみは消える』著者プロフィール欄と14頁。
  3. ^ 『いのちの苦しみは消える』18頁。

外部リンク[編集]