田中達也 (アニメーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中達也(たなか たつや、1981年 - )は、日本の男性アニメーターイラストレーター宮崎県出身で、フリー動画マンでデビューして活躍し、現在はスタジオカラーに所属している。

経歴・人物[編集]

筑波大学芸術専門学群を中退して、アニメーション作品のイラストを描く事でアニメ業界に入った。 大学では環境デザインを専攻していた。 イラストレーターとなってからは、イラストを担当したアニメ作品に動画スタッフとして参加していた。 2006年には、アニメーション監督庵野秀明が新たに興したスタジオカラーの第一作であるヱヴァンゲリヲン新劇場版の第一部作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』に最初で原画スタッフとして参加し、アニメーターとしてのデビューを果たした。 精巧なディテールの背景原画を主とした人物原画にも一部参加している。 特に背景では精密度の高い電柱の作画で業界とファンたちの注目を集めた。 この精密な電柱の作画のせいで、スタッフたちは田中のことを「電柱作監」と呼んでいる。 デビュー作で非常な注目を得ており[要出典]、自社発刊の『最速ガイドブック ENTRY FILE1』や『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集』には彼のインタビューも収録されている。

月刊ニュータイプ』の新劇場版特集コーナーである「ECOMMISSION」2008年5月号収録分に、彼のコメントとイラストが載っている。綾波レイが電柱と一緒に描かれているこのイラストは、田中が電柱作監と呼ばれていることについての軽いジョークである[要出典]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]